ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 椰子樹社(多田邦治代表)が発行する歌誌『椰子樹』383号が19年12月に発行された。《移住時は貧困に生きしわれにして節約言えば若きら笑う》(梅崎嘉明)、《訪れし日のありありと首里城の火の海となる映像胸突く》(小池みさ子)、《民の幸・世界平和を願いたまう御即位宣言の天皇陛下》(阿部玲子)、《同胞に馴染みのうすいポレンタにイタリア餅と名前をつける》(武井貢)、《なす事の山積みにして病気するひまなしと言えば嘘に聞こゆか》(寺田雪恵)、《今日ひと日つつがなく過ぎ補聴器を外せば思わずためいき一つ》(杉田征子)、《友訪えば庭のフランゴ(鶏)つかまえてわれに馳走す正月料理》(神林義明)など今回も印象深い作品がズラリ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2020年3月11日 大耳小耳  「アルゼンチンのカントリーリスクが9日(月)、約2800ポイントに達し、2005年以来の最悪レベルになった」と同国邦字紙『らぷらた報知』8980号が報じている。これはJPモルガン銀行が発表したインデックスで、6日(金)の終値から15・5%も上昇した。ただし、最悪だった2005 […]
  • 保健所が突然に閉鎖=パライゾーポリスで苦情2010年5月21日 保健所が突然に閉鎖=パライゾーポリスで苦情 ニッケイ新聞 2010年5月21日付け  サンパウロ市パライゾーポリスのファベーラにあったパライゾーポリスⅡ保健所が、公の告知もないまま13日より一端閉鎖され、近隣の住民から苦情の声が挙がっている。19、20日付アゴーラ紙が報じた。 […]
  • コラム 樹海2013年4月23日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年4月23日 […]
  • 「弁論」から育つ橋渡し人材2016年9月30日 「弁論」から育つ橋渡し人材  サンパウロ市の弁論大会が今年で第10回を迎え、その記念に第1、第2回の優勝者から激励のビデオメッセージが寄せられた。2人とも日本で就職したと近況報告があり、「ちゃんと橋渡し的な人材が育っているんだな」と感じ入った。  「弁論」では語学能力とともに、社会問題を提起し、共感を呼 […]
  • 東西南北2018年1月31日 東西南北  正規の労働契約をせずに運転手を長時間労働させた容疑で、労相就任が差し止められているクリスチアーネ・ブラジル氏。ただでさえ話題の彼女が29日に、ネット上で動画を公開し、容疑を否定する発言を行なった。だが注目されたのは、その発言内容そのものではなく、彼女を囲むように映った上半身裸 […]