ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ボルソナロ大統領がアマゾン審議会開設を宣言=コーディネーターは副大統領

《ブラジル》ボルソナロ大統領がアマゾン審議会開設を宣言=コーディネーターは副大統領

メディアからの質問に応じるボルソナロ大統領(Valter Campanato/Agência Brasil)

 ボルソナロ大統領が21日、アマゾン審議会を開設し、アミウトン・モウロン副大統領を責任者とする事を明らかにしたと21、22日付現地紙、サイトが報じた。

 ボルソナロ大統領や現政権は、法定アマゾンの開発に関する発言や、森林伐採・森林火災の増加などで、国際社会からも批判を浴びてきた。

 アマゾン審議会の開設は21日の閣議後、大統領がツイッターで公表した。審議会は副大統領の管轄下に置かれ、法定アマゾンの保護や国防、持続可能な開発などに関連する諸官庁の活動を統括する。活動には、森林伐採の監査、土地利用に関する基準制定、経済区画の策定、環境関連のサービスへの支払いなどが含まれる見込みだ。

 大統領は同時に、国家治安部隊に類した、国家環境部隊を創設する意向も明らかにした。リカルド・サレス環境相によると、新部隊は環境関連の諸機関の関係者や、該当地域や他州からの軍警で構成され、法定アマゾン中心に活動するという。

 同部隊の活動資金は、ラヴァ・ジャット作戦で回復した資金で作られた基金(ファンド)から取り分け、アマゾン諸州に送付された4億3千万レアルと、連邦政府からの資金が使われるようだ。国家治安部隊は法務省の管轄だが、国家環境部隊はアマゾン審議会の管轄下に置かれる。

 モウロン副大統領はアマゾン審議会開設について、「アマゾン審議会が経済活動を支援し、ブラジルへの投資を呼び込む事は間違いない」と発言。審議会の開設は、大統領が環境問題は諸機関の活動を統合して扱うべきである事を認めた証拠で、副大統領の管轄下に置いた事は、現政権が環境問題を重視している事の表れとの認識も表明した。

 21日は、スイスで開催中の世界経済フォーラムでゲデス経済相が「環境の最大の敵は貧困」と語り、物議を醸した日でもある。専門家達は、環境破壊の大半は土地所有者や土地盗用者が引き起こしたもので、貧しい人達は環境犯罪により、より不安定な状況に置かれているとして、経済相の発言を批判。サンパウロ総合大学のカルロス・ノブレ教授は、「地域経済は環境を破壊するのではなく、生物の多様性を生かして発展するべきだ」とも述べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが2020年10月3日 《ブラジル》外国人投資家の撤退急増=引き揚げ額は昨年の倍に=景気回復の動きはあるが  ボルソナロ大統領が当選し、ゲデス氏を経済相に据える事を明らかにした時、外国人投資家を含むマーケットは好感を示した。だが、コロナ禍の影響や財政危機の可能性の高まり、政界の混乱などで、株式市場から撤退する外国人投資家が続出しており、1~9月の引き揚げ額は既に、昨年1年間の […]
  • 東西南北2019年9月7日 東西南北  20歳以上年の離れた夫人をからかったことでより悪化した、アマゾン森林火災問題でのボルソナロ大統領とフランスのマクロン大統領の対立。その後、ブラジル国民がネット上で「ごめんね、ブリジット」とマクロン夫人に謝罪するキャンペーンを行い、収まったかに見えたが、その矢先、今度はパウロ・ […]
  • 《ブラジル》アマゾンなどで農地転用急増=18年間で50万平方キロの原生林喪失2020年9月26日 《ブラジル》アマゾンなどで農地転用急増=18年間で50万平方キロの原生林喪失  ブラジル地理統計院(IBGE)が24日に出した初回「生態系アカウント」によると、2000~18年の原生林喪失面積は48万9877平方キロで、8・34%を失ったと24、25日付現地紙、サイトが報じた。  この報告は、アマゾンやカアチンガ、パンタナル、セラード、マッタ・ […]
  • 《ブラジル》アマゾンなど森林火災は去年以上?=煙はリオ、サンパウロまで2020年9月12日 《ブラジル》アマゾンなど森林火災は去年以上?=煙はリオ、サンパウロまで  国立宇宙研究所(Inpe)が10日に明らかにしたデータによると、北部の法定アマゾンの森林火災は現在のペースだと今年も記録を更新しそうだと10日付現地サイトが報じた。  同データによれば、平年9月の森林火災は3万2812件だが、今月1~9日にはすでに1万2412件が起 […]
  • 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相2020年8月18日 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相  ボルソナロ大統領のイデオロギー路線は完全に行き詰まった。その象徴が、極右思想のアブラアン・ウェイントラウビ氏が6月に教育相を解任されたと同時に“米国逃亡”を図ったことだ。  イデオロギー路線は「ボルソナロ氏に不利な判断ばかり下すような最高裁は閉鎖しろ!」「古い政治手 […]