ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》地元航空機メーカーと米ボーイング社との合弁を公取委が承認=「市場独占には当たらず」と見る

《ブラジル》地元航空機メーカーと米ボーイング社との合弁を公取委が承認=「市場独占には当たらず」と見る

 日本の公正取引委員会にあたる、ブラジルの経済防衛行政審議会(Cade)は27日、米ボーイング社とブラジルの航空機メーカー、エンブラエル社が進めていた合弁オペレーションを承認した。Cadeは、「同オペレーションに関与する会社は同じ市場で同じ事業を営んでいる訳ではなく、合弁成立により、市場独占が発生する危険性はない」と判断した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ