ホーム | 食・音楽 | 音楽 | (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボルソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え

(ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボルソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え

 29日、「ブラジルのカントリー」として、国内一の音楽市場でのシェアを誇るセルタネージャのアーティストたちが、ボルソナロ大統領に会いに大統領府を訪れた。一団は、ブラジルのコンサートでは一般的となっている、入場料半額制をなくすことを訴え、物議をかもしている。

 アーティストたちを迎え入れたボルソナロ大統領は、「私はいつだってセルタネージャの大ファンだ。特に歌詞が大好きなんだ」と嬉しそうに対応。一行から渡されたテンガロンハット(カウボーイハットの一種)をかぶり、上機嫌だった。

 今回の一行の目的は、ブラジルのコンサート業界では通例となっている、入場料の半額制を撤廃することの訴えだ。これに関して、大統領は「力になれることならやる。話も聞く」として、要請を受け入れた。

 ブラジルのコンサートのチケット半額制は、収入格差の激しいブラジルでも、低収入層の人たちが文化活動に参加できるように配慮したものだ。半額となるのは主に学生と高齢者、障害者だが、ジムや語学教室に通うことなども対象となる。

 ブラジルで行われるコンサートの大半は、この半額チケット制を採用している。この制度は2013年に裁可された法令によって保証されているが、学生証などを不正に作成してもうける業者なども存在したために、法律を改正し、違法業者を取り締まり、半額制で買える、客全体の中の割合も決めたが、それでも半額での入場の割合は現在も高い。

 セルタネージャは白人層に圧倒的な人気の音楽で、裕福な層のファンも目立つ。今回、直訴に表れたアーティストは、ブルーノ&マローネやジアン&ジオヴァニといった、ベテランで高年齢層にファンの多いアーティストが大半。若いリスナーに人気の、マリリア・メンドンサやシモーネ&シマリアといった女性アーティストや、アイドル人気の高いルアン・サンターナなどは含まれていない。

 ブラジルの場合、ロラパルーザなどの大型フェスティバルでも、3日間の通し券となるとチケット全額支払いでは高額になるため、特別な割引制を設けるなどの工夫がなされている。このため、半額制撤廃には強い反発も予想される。(29日付フォーリャ紙より)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年4月10日 東西南北  8日の夜のボルソナロ大統領の政見放送は、外出自粛令を止める呼びかけと、世界でもまだ試験段階の薬品の処方を勧めるもの、という物議を醸す内容だったが、世間へのインパクトはそこまで大きくなく、ツイッターでの話題にもあまり上がらなかった。大統領支持派の人は「ボルソナロにノーベル賞」な […]
  • 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史2020年2月21日 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史  「韓国のカルチャーが世界的に熱い」。それはだいぶ以前から言われていたことだが、その印象は9日、アカデミー賞で同国の映画「パラサイト」が、史上初の「英語以外での外国映画で初の作品賞」という快挙を成し遂げて以降、さらに強くなっている。  思い返せばそれだけではない。今や […]
  • 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界2019年6月20日 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界  「文化はあまり重要視されない」「支援金が減らされる」―これがボルソナロ政権時代にブラジルの文化環境に関してよく言われる言葉だ。だが、こう言っては不謹慎かもしれないが、ブラジルの場合、かつて民主主義と自由が抑圧されていた軍事政権時に映画も音楽も発展を遂げた、という歴史的 […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大2020年10月15日 《ブラジル》交通法改正案を承認=免許証有効期限が10年に=違反ポイント40に拡大  ボルソナロ大統領は13日、交通法改正案を一部拒否権を行使しつつ裁可した。14日付連邦官報に掲載された同改正法では、運転免許証(CNH)の有効期限延長や、ポイント数を40に拡大することなどが盛り込まれている。公布から180日後に発効。13日付G1サイトなどが報じた。 […]