ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領がワインガルテン氏の留任擁護=連警捜査開始が囁かれる中=連邦政府内部は解任希望

《ブラジル》大統領がワインガルテン氏の留任擁護=連警捜査開始が囁かれる中=連邦政府内部は解任希望

ボウソナロ大統領(Wilson Dias/Agencia Brasil)

 【既報関連】5日付本面で報じた大統領府社会通信局(SECOM)のファビオ・ワインガルテン局長の不正疑惑は、連邦警察の正式な捜査対象となったが、ボウソナロ大統領が、周囲からの強い反対を押し切って同局長をかばおうとしていると、5日付現地紙が報じている。
 ボウソナロ大統領は5日、渦中のワインガルテン氏に関して、「これまでにも増して、ふさわしい仕事をやってくれている」と褒め称えた。
 これは、4日付現地紙サイトや5日付フォーリャ紙などが、ワインガルテン氏に関し、「連邦検察庁の要請を受けて連邦警察が捜査を開始」と報じたことを、大統領自らが打ち消したことを意味する。
 ワインガルテン氏は1月15日にフォーリャ紙から、自身がかつて社長を務め、現在も95%の株式を保有している企業「FWコムニカソン」の口座に、SECOMと契約のある大手のテレビ局や広告代理店が継続して毎月のように支払を続けていること、さらに、支払を行っている企業に対する連邦政府の広告の支出額が増えていることが報じられ、問題とされていた。
 連邦検察庁は先週、連邦警察に対し、この件に関する捜査をはじめるよう、要請を出した。これに輪を掛けて、4日にはワインガルテン氏が就任時に、これらの企業との関係を申告していなかった事実も報じられ、事態は悪化している。
 これを受け、連邦政府内では、「これ以上放置すれば、連邦政府に対する世間からの印象が悪くなってしまう」として、ワインガルテン氏の早期解任を求める声が強くなってきている。しかも、それを推し進めているのは、軍と福音派閥という、連邦政府内でも強い力を持つ二つのグループだという。
 彼らはすでに、ワインガルテン氏に代わる局長として、ジャーナリストのアレッシャンドレ・ガルシア氏や、大統領府広報担当のオタヴィオ・レゴ・バロス氏を薦めているという。
 だが、5日のボウソナロ氏の発言は、そうした周囲からの動きをけん制するものとなった。ワインガルテン氏はボウソナロ氏との個人的な付き合いから、昨年2月のイスラエル訪問の際、大統領に帯同し、周囲を驚かせた。SECOM局長への就任は、その2カ月後の出来事だ。
 同氏を巡る疑惑は、収賄や公金着服、行政法違反などで、具体的な捜査には、連邦警察だけでなく、連邦会計検査院(TCU)も乗り出すことになる見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ