ホーム | ブラジル国内ニュース | 女優Bセガールが死去=「誰がロイトマンを殺したか」

女優Bセガールが死去=「誰がロイトマンを殺したか」

 1980年代、一大流行語にもなった「誰がオデッテ・ロイトマンを殺したか」で一世を風靡した女優、ベアトリス・セガールが5日、入院先のサンパウロ市アルベルト・アインシュタイン病院で亡くなった。死因は明らかにされていない。92歳だった。5日付現地サイトが報じている。

 1926年にリオで生まれたベアトリスは、10代の頃から演劇の大ファンで、フランス語を学ぶための奨学金を得て1950年頃にパリに留学。そこで演劇を学ぶ傍ら、マウリシオ・セガール氏と結婚し、3人の子どもの母となったため、一時、女優業を退いた。

 ブラジルに帰って女優業に復帰したのは40代に入ってからだが、78年にグローボ局の大ヒット・ノヴェーラ「ダンシング・デイズ」で注目を集めた。また、81年には国際的映画賞も受賞したブラジル映画の名作「ピショッテ」に出演。中年の脇役女優として知られるようになる。

 そして、1988年、大ヒットを記録したグローボ局のノヴェーラ「ヴァーレ・トゥード」でベアトリスは富豪の悪役オデッテ・ロイトマンを演じ、その名声を決定的なものとする。銃弾3発を浴びたその死は、そのなぞめいた展開も重なり、「誰がオデッテ・ロイトマンを殺したか」のキャッチフレーズが大流行した。今日でもロイトマンの名は、ブラジルでの悪役女性の象徴的な名前として知られている。

 ベアトリスはその後も大御所女優として知られ、2015年まで活動を続けていた。

 

 

 

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月9日 東西南北  春先とは思えないほどの猛暑で、とうとう「カロロン」と呼ばれ始めたここ数日の暑さ。7日はサンパウロ市で今年最も暑く、観測史上2番目となる37・3度を記録した。州内をみると最高気温が40度を超えたところが続出で、最も暑かったリンスは同州観測史上初の43・5度を記録した。そのほか、 […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]
  • 《記者コラム》グローボ対レコルジTVという熾烈な下克上2020年10月6日 《記者コラム》グローボ対レコルジTVという熾烈な下克上 9月にあった報道合戦  9月は久々にグローボTV局(5ch)対レコルジTV局(7ch)の熾烈な戦いが繰り広げられた。  キッカケは「クリヴェラ親衛隊」事件だ。9月2日付G1サイトには、リオ市長のマルセロ・クリヴェラ氏が市役所職員として「クリヴェラ親衛隊」を雇い、 […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も2020年9月30日 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も  新型コロナウイルスの感染拡大のペースが落ちてきた事で試合が再開されたサッカー。だが、選手やスタッフが感染した場合は、陣容が整わないとか、濃厚接触によって感染が拡大するのを避けるために試合を中止して欲しいといった、やり取りが起こりかねない。  その一例が、27日の午後 […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]