ホーム | コラム | 樹海 | 失敗を再発防止に活かせ

失敗を再発防止に活かせ

失敗を再発防止に活かせ

 1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日、担当医と連絡を取り、何故こんなミスが起きたのかを質問。マニュアルなどはないのかも訊いた上、同じミスは繰り返して欲しくないと伝えた▼だが、失敗を活かせなかった例は多々ある。ミナス州で続けざまに起きた、サマルコ社(マリアナ)とVale社(ブルマジーニョ)の鉱滓ダム決壊事故はその一例だ。マリアナの事故後、同じ型のダムは早急に使用を停止し、公園化などを図るべきとの意見が出ていたのに、ブルマジーニョの事故が再発。環境破壊も繰り返された▼また、大雨に伴う水害なども一例だ。コラム子の記憶にあるものだけ見ても、サンパウロ州やサンタカタリーナ州、リオ州(アングラ・ドス・レイスや山間部)、ミナス州などで多数の死者が出る事例があったし、ちょっと強い雨が降れば、洪水や土砂崩れが日常茶飯事的に起きる地域もある▼リオ州山間部の水害時、連邦政府は警戒システム構築や危険地区からの退去などの諸対策を打ち出した。だが、体制完備とは聞いていないし、現状を見る限り、効果的に実行されているとも言い難い。災害や病気などを予防するために使う資金は事後処理用資金よりずっと少なくて済む事は誰もが知っているが、実際は対策が後手に回る事が多い。自然災害の甚大化や温暖化も含む予防策構築には、失敗を活かす力や先見の明が要求される。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう!2020年1月21日 ブラジル独立200年までに国歌を練習しよう! […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか?2020年1月7日 日本政府はゴーンの情報戦に立ち向かえるか? 正義の味方としてハリウッドで映画化?  3日晩、ブラジルのTVクルトゥーラの看板ニュース番組「ジョルナル・ダ・クルツーラ」でカルロス・ゴーン被告報道に関して、二人の専門家は対極的なコメントを発していたのが気にかかった。  今回の逃亡劇に関して、どのニュースでも「映画 […]