ホーム | コラム | 樹海 | 失敗を再発防止に活かせ

失敗を再発防止に活かせ

失敗を再発防止に活かせ

 1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日、担当医と連絡を取り、何故こんなミスが起きたのかを質問。マニュアルなどはないのかも訊いた上、同じミスは繰り返して欲しくないと伝えた▼だが、失敗を活かせなかった例は多々ある。ミナス州で続けざまに起きた、サマルコ社(マリアナ)とVale社(ブルマジーニョ)の鉱滓ダム決壊事故はその一例だ。マリアナの事故後、同じ型のダムは早急に使用を停止し、公園化などを図るべきとの意見が出ていたのに、ブルマジーニョの事故が再発。環境破壊も繰り返された▼また、大雨に伴う水害なども一例だ。コラム子の記憶にあるものだけ見ても、サンパウロ州やサンタカタリーナ州、リオ州(アングラ・ドス・レイスや山間部)、ミナス州などで多数の死者が出る事例があったし、ちょっと強い雨が降れば、洪水や土砂崩れが日常茶飯事的に起きる地域もある▼リオ州山間部の水害時、連邦政府は警戒システム構築や危険地区からの退去などの諸対策を打ち出した。だが、体制完備とは聞いていないし、現状を見る限り、効果的に実行されているとも言い難い。災害や病気などを予防するために使う資金は事後処理用資金よりずっと少なくて済む事は誰もが知っているが、実際は対策が後手に回る事が多い。自然災害の甚大化や温暖化も含む予防策構築には、失敗を活かす力や先見の明が要求される。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは2020年6月30日 《記者コラム・樹海》自然災害としてコロナ対策を考えて良いのでは  コロナ・パンデミックによって、世界が不自然な方向に追いやられている気がしてならない。今回のコロナ対策には現代文明の歪みが、そのまま現れている気がする。こんなことを書くと、怒る方もいるかもしれないが、根本的なレベルからの議論が必要な問題だという意味で提起したい。  今 […]
  • 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実2020年6月16日 記者コラム「樹海」=外出自粛でも2週間で抗体所持率50%増の現実 「時間を稼げば良いのだ、と少し気が楽になりました」との読者の声  先週の記者コラム「樹海」《これからが危ない感染ピーク/でも年末にはコロナフリー?!》を読んだアマゾナス州マナウス市在住の読者からメールで、《この感染爆発中の中で、時折気がくじけそうにもなるのですが、科学 […]
  • 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?2020年6月23日 樹海拡大版=給付金集めて「日伯200周年基金」にしたら?  少し気が早い話だが、もしも在外邦人にも給付金10万円が出た場合、その使い道について提案したいことがある。  共同通信は10日付で《『在外邦人に10万円給付検討/政府、自民の意見考慮』  政府は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急経済対策としている1人1 […]
  • コロナ禍で孤立深めるボウソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボウソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボウソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]
  • 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!2020年6月9日 《ブラジル》記者コラム これからが危ない感染ピーク でも年末にはコロナフリー?!  高齢者がブラジル生活を送るにおいて、これから2、3カ月が一番危険な時期ではないか―という気がする。  今までは序の口で、これから「コロナ死者激増」と「大不況」というダブルパンチに見舞われる。今後起こりうるシナリオを列挙すると、以下のようになる。 ▼「4月、5月のコ […]