ホーム | ブラジル国内ニュース | 全世帯の65%が負債あり=前年比では高いが最近は減少傾向

全世帯の65%が負債あり=前年比では高いが最近は減少傾向

 ブラジル全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が6日、消費者の負債・債務不履行全国調査(Peic)を発表した。   

 それによると、2020年1月にブラジル国内で、クレジットカードや特別小切手による債務、自動車や住宅のローンなどの負債を抱えている世帯は全体の65・3%だったことが分かった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ