ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市地下鉄=バス・ターミナルを民営化=1号線と3号線の15カ所で

サンパウロ市地下鉄=バス・ターミナルを民営化=1号線と3号線の15カ所で

 サンパウロ州政府は17日、サンパウロ市の地下鉄と連結する15のバス・ターミナルの運営権を、40年間の期限付きで委譲することを正式に発表した。17日付伯字紙が報じている。
 対象となるのは地下鉄1号線と3号線に接続するターミナルで、1号線はパラーダ・イングレーザ、サンターナ、アルメニア、アナ・ローザ、3号線はバラ・フンダ、タトゥアペー、カロン(以上三つはターミナルが二つずつある)、ブラス、ペーニャ、ヴィラ・マチルデ、パトリアルカ、アルトゥル・アルヴィンの15ターミナルとなる。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ