ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》経済基本金利を年利4・25%に=「利下げはストップ」と宣言=コロナウイルスの影響心配される中

《ブラジル》経済基本金利を年利4・25%に=「利下げはストップ」と宣言=コロナウイルスの影響心配される中

中銀総裁ロベルト・カンポス・ネット氏(Jose Cruz / Ag.Brasil)

 ブラジル中銀の通貨政策委員会(Copom)は5日、経済基本金利(Selic)を年4・5%から、史上最低値の更新となる年4・25%に下げる事を決めたと、6日付現地紙が報じた。

 Selicは昨年7月以降、9、10、12月と4回連続で0・5%ポイント(P)ずつ切り下げられており、昨年12月には「これ以上の利下げには慎重になるべき」と、利下げストップの可能性を見せていたが、今年初のCopomでは、5回連続となる利下げが行われた。

 今回も中銀は「当面はこれ以上の利下げは行わない。昨年からの利下げの流れは一旦ストップするべき時期に入った」との考えを明らかにした。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ