ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》教育相が上院の教育委員会に出席=昨年の統一試験Enemは最高だったと開き直る

《ブラジル》教育相が上院の教育委員会に出席=昨年の統一試験Enemは最高だったと開き直る

 【既報関連】先月18日に、昨年度の国家高等教育試験(Enem)で採点ミスがあったと公表されてから25日後の11日、アブラアン・ウェイントラウビ教育相は初めて公の場に姿を見せ、経緯の説明を行った。12日付現地紙が報じた。
 同教育相は11日、上院常設の教育委員会の公聴会で、Enemや統一選抜システム(SISU)で発生したミスについての説明を行った。
 教育相は「全くミスがなかったとは言わないが、昨年のEnemはこれまでで最高だった。これまでのようなカンニングや問題漏洩、印刷会社とのトラブルは一切なかった」と語った。
 教育相は上議たちに向けて、「私がこの場に出てきたのは、フェイクニュースを止めるため」であり、教育省に向けられている批判は嘘ばかりとの立場を取った。これまで沈黙を保っていたのはEnemを巡る裁判があったためで、受験者たちには大きな損害は与えていないとも述べた。
 Enemは2009年から開始され、これまでにもトラブルはあったが、昨年のEnemでの採点ミスの影響を受けたのは5974人で、これまでにない多さだった。
 教育相は、試験へのクレームは、現政権を不当に貶めたい勢力や、Enemのことを何も分かっていない人、試験結果が悪かった生徒が流したもので、自分をスケープゴートにしようとしているとまで主張した。
 同教育相の批判の矛先はメディアにも向き、ある事ない事を織り交ぜ、Enemや政権を攻撃しているとも語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • リオ=カーニバル直前、迷子にご用心=子供を見分けるブレスレット配布2020年2月21日 リオ=カーニバル直前、迷子にご用心=子供を見分けるブレスレット配布  子どもと青少年のための財団(FIA)は、20日と21日の午前9時~午後3時にリオ・デ・ジャネイロ市の中心部にある長距離バスターミナルで、「行方不明の子供SOSプログラム」の一環として、子供が迷子になった時に誰の子かを識別するためのブレスレットの配布を行った。このブレスレットに […]
  • サンパウロ市=学校内で軍警たちが暴力=生徒たちに銃まで向ける2020年2月21日 サンパウロ市=学校内で軍警たちが暴力=生徒たちに銃まで向ける  サンパウロ市内の学校で生徒たちに暴力を振るっているところを録画された軍警たちが、停職処分を受けたと、20日付現地紙が報じている。  事件は18日、サンパウロ市西部リオ・ペケーノの州立校「エミジオ・デ・バロス」で起こった。  映像には、軍警5人が生徒2人に対して暴力を振るい […]
  • 《ブラジル》大型強奪事件の影に共通人物=指紋やDNAで関連性が判明2020年2月21日 《ブラジル》大型強奪事件の影に共通人物=指紋やDNAで関連性が判明  科学調査の進歩や犯罪者のデータバンク充実により、近年の大型強奪事件の容疑者が、他の同様の事件にも関与していた事が判明と20日付エスタード紙が報じた。  19年は、3月にサンタカタリーナ州ブルメナウのケロ・ケロ空港での強奪事件(被害額980万レ)をはじめ、7月はサンパウロ州グ […]
  • サンパウロ市=車での移動は28%減少?=向こう10年間の可能性探る2020年2月20日 サンパウロ市=車での移動は28%減少?=向こう10年間の可能性探る  コンサルタント会社Kantarが世界31市の住民に交通機関の利用に関する聞き取り調査を行った結果、サンパウロ市では、向こう10年間で車での移動が28%減るとの予測を発表した。  同社によると、サンパウロは世界で3番目に、交通機関の利用形態を変える事に対する柔軟性が高いという […]
  • CBF=ファイナンシャルフェアプレー制度の導入を検討=違反チームには降格処分も2020年2月21日 CBF=ファイナンシャルフェアプレー制度の導入を検討=違反チームには降格処分も  ブラジルサッカー連盟(CBF)は、ファイナンシャルフェアプレー(FFP)に関する規約などを盛り込んだ、国内サッカー界の規約変更案を今月28日にも各チーム代表者による投票にかける予定と、20日付現地紙が報じた。  詳細はまだ検討中だが、違反したチームには、強制降格、選手補強の […]