ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ゲデス経済相「家政婦がディズニーランドに行けた時代が異常」と発言=レアル安ドル高を容認か=翌日ルーラ元大統領が痛烈批判

《ブラジル》ゲデス経済相「家政婦がディズニーランドに行けた時代が異常」と発言=レアル安ドル高を容認か=翌日ルーラ元大統領が痛烈批判

パウロ・ゲデス経済相(Wilson Dias/Ag. Brasil)

 レアル安ドル高が止まらない。12日の為替相場は5取引日連続のレアル安ドル高となり、前日比0・57%ドル高の1ドル=4・351レアルで取引を終了。レアルプラン開始以降の最高値を連日更新したと、13日付ブラジル各紙が報じている。
 今年に入ってからのドルはレアルに対して8・4%高くなった。レアルは今年、対ドルで最も値を下げた通貨だ。また、12日のサンパウロ市株式市場指数(Ibovespa)は、前日比1・13%高の11万6674・13ポイントだった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ