ホーム | 日系社会ニュース | 「陸のわかめ」生産発売開始=ミナス食材オラ・プロ・ノビス

「陸のわかめ」生産発売開始=ミナス食材オラ・プロ・ノビス

オラ・プロ・ノビスの葉と新芽

 ブラジルのメディアではよく紹介されているにも関わらず、ほとんど市場で見かけることのない食材に「オラ・プロ・ノビス」がある。その葉は、濃い緑とねばねばした食感が特徴で、「陸のわかめ」という表現が最適。
 プロテインの含有率が約25パーセント、豊富なビタミン、ミネラルが含まれる事でも知られる。その「スーパーフード」としての可能性に魅せられ、オラ・プロ・ノビスを生産、その葉と新芽を販売し始めたのがオラ・プロ・ノビス・リモン社(中沢宏一代表)だ。
 同社によるプレゼンテーションと試食会が7日午前11時から、サンパウロ市リベルダーデ区のフローラ・オリジナル社(福本利道社長)で開催された。
 ラテン語で「我々のために祈り給え」の意味を持つ同植物は、ミナス料理の名食材だ。ミナス・ジェライス州サバラ市.ではオラ・プロ・ノビスのフェスタが開催されるほど。
 昔から教会にもよく植えられ、「カルネ・デ・ポブレ(貧者の肉)」「カルネ・デ・ベルジ(緑の肉)」との異名を持ち、鶏肉と煮込んだり、葉を炒めたりして庶民層の間で食べられてきた。研究報告では、豊富な栄養素と農薬不使用で栽培できるということが示され、ブラジル政府やエンブラパ(ブラジル農牧調査研究公社)も奨励している。

オラ・プロ・ノビスの紹介を行う中沢宏一さん

 中沢さんがオラ・プロ・ノビスを知ったのは5年前。ミナス・ジェライス州の農家から苗をもらった。最初はその価値が分からないまま庭に植えていたが、2年前に日本から来た知人にサラダに混ぜて食べてもらったところ、「わかめにそっくり」と大変喜ばれた。
 76歳になる中沢さんは「何か健康に良いものを一つ残そう」と思い立ち、日本人にも喜ばれると知ってオラ・プロ・ノビスの栽培を決意した。1年半前にアチバイア市の1ヘクタールの土地に約1万本を植えた。
 「この植物は『ブラジルの宝物』だという認識を持っている。これを食べて自分の体で実験しているが、最近は薬いらずで血圧も上がらない。天然の消化酵素が多く含まれているため、昼食に肉を食べても午後3時になるとお腹がすいてくる。最近は体重も62キロに維持でき、体力も衰えず、エンシャーダ(鍬)をひっぱっても疲れない」と中沢さんは話す。

オラ・プロ・ノビスを使った料理を試食する人々

 オラ・プロ・ノビスの難点は、油断すると短期間で伸び放題となり、枝にはトゲがあること。収穫時に怪我をしないように細心の注意を払わなければならない。これゆえ、あまり市場で扱われてこなかったようだ。
 「ブラジル人は収穫時にナイフを使うが、日本人はハサミを使う。それでトゲの問題も克服しやすいし、トゲのないタイプのオラ・プロ・ノビスもある。我々の手で将来有望な植物に育てていきたい」と中沢さんは気合いを入れる。
 フローラ・オリジナル社が用意した試食は、オラ・プロ・ノビスを使ったサラダやたけのこの煮物、みょうがのきんぴら、ゴーヤーチャンプルー、みそ汁など。和食にもなじんでおいしく食べられ、お代わりする参加者の姿も多く見られた。
 購入希望者や問い合わせは熟連事務所(11・3209・5935)、フローラ・オリジナル社(11・3203・0666)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 ミナス料理で親しまれる食材オラ・プロ・ノビスは、アメリカ大陸に13種類ほどが原生する。ブラジルで主に食用とされているのはクリーム色の花が咲く種類。オラ・プロ・ノビスを生産販売するオラ・プロ・ノビス・リモン社の社名は、食べると少しレモンの様な酸味があるという事に由来し、最後にレモンが付けられたとか。「味噌汁にいれるとワカメみたいになる」との話もあり、天ぷらにする人も。生以外でもいろいろ料理に使える食材だ。熟連では一袋150グラム入りを10レアルで販売中。使う人が増えれば、さらに安くなるかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(9)=野口英世も黄熱病の研究に来伯2020年7月16日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(9)=野口英世も黄熱病の研究に来伯  宮嶋はブラジル国内でも日本移民排斥の動きが始まっていると警告し、《北米の例にならって二三の衛生家は日本人には寄生虫がある。こういう人間は好ましくないという声を高めてきたのであります。それゆえに日本人の十二指腸虫をどうして除いて宜しいか、ブラジルにおいても日本人の寄生虫 […]
  • 2カ月も早い桜の開花珍現象=アチバイアの中沢さん宅=コロナウイルスにも関係?2020年4月24日 2カ月も早い桜の開花珍現象=アチバイアの中沢さん宅=コロナウイルスにも関係?  世界が新型コロナウイルスで100年に一度という大影響を受ける中、自然界にも狂いが生じているようだ。というのも、毎年6月に開花が始まる沖縄由来の寒緋桜(カンヒザクラ、以下沖縄桜)が、今年は2カ月も早い4月初頭に咲き始めたからだ。「アチバイアでは今夏の低温により、毎年6月 […]
  • 東亜食品公司がメッセージ=感染防止を徹底し営業継続2020年4月28日 東亜食品公司がメッセージ=感染防止を徹底し営業継続  新型コロナウイルス感染症により店主が亡くなった、サンパウロ市のリベルダーデ日本広場にある食材店「東亜食品公司」が4月8日付けで次のメッセージを発表した。     ◎  私たち親愛なる創設者のChang・Wu・Chenが4月3日(金)に亡くなったことについて、ご心配 […]
  • サンパウロ市カーニバル=「情熱、奥深さに惹かれる」=日本移民讃えた山車も登場2020年2月27日 サンパウロ市カーニバル=「情熱、奥深さに惹かれる」=日本移民讃えた山車も登場  21日夜、サンパウロ市カーニバルの一番手で行進した「バロッカ・ゾナ・スル」には、10年以上も毎年出場する葛西叙江さん(埼玉県)と、彼女のサンバ・ストレッチ・筋力トレーニング教室の生徒ら約50人が参加した。  葛西さんは花形ダンサーの一つデスタッキを演じ、「今年も直前 […]
  • 過去最高の出席者で盛り上がる=静岡県人会が忘年会兼敬老会2019年12月7日 過去最高の出席者で盛り上がる=静岡県人会が忘年会兼敬老会  ブラジル静岡県人会(原永門会長)は1日午前11時から、サンパウロ市リベルダーデ区の同会館で「忘年会兼敬老会」を開催し、この種の行事としては同会過去最高の約90人が集まる盛況ぶりとなった。  原会長は「今年は令和が始まるという節目であるだけでなく、県人会としては日本か […]