ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル銀行=「民営化議論すべき」と総裁=昨年は178億レアルの純利益計上=ブラジル主要4銀行内で純利3位

ブラジル銀行=「民営化議論すべき」と総裁=昨年は178億レアルの純利益計上=ブラジル主要4銀行内で純利3位

大幅な純利増を記録したブラジル銀行(Ag. Brasil)

 国営のブラジル銀行(BB)は昨年第4四半期、前年同期比で20・3%増となる、46億レアルの純利益を計上。2019年全体の純利益は178億レアルで、前年比32%増だったことが分かった。13、14日付現地各紙・サイトが報じている。純利益トップ4銀行の中で唯一の国営銀行であるBBのルベン・ノヴァエス総裁は、「BBが民営化されれば、より自由に、より効率的に経営でき、民間銀行を抜いて純利益1位になることも可能だ。そろそろBB民営化についての議論も始めるべき」と語っている。

 2019年に最も大きな純利益を上げた銀行とその額は、イタウ・ウニバンコの265億8千万レアル(前年比6・4%)で、2位がブラデスコの226億レアル(前年比18・32%増)、3位がBBで、4位がサンタンデール銀行の141億8100万レアル(16・6%増)だった。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ