ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル日本青年会議所=浅村マルセロ新会頭が就任=「成長するために革新する」

ブラジル日本青年会議所=浅村マルセロ新会頭が就任=「成長するために革新する」

新執行部の皆さん、中央が浅村新会頭

 ブラジル日本青年会議所(JCIBJ、和田ロドルフォ会頭)が10日、『2020年役員就任式』をサンパウロ州議会で開催し、浅村マルセロ新会頭ら新役員が就任し、約130人が祝福した。
 冒頭、青年会議所創立者の今井ヤスオ氏に1分間の黙祷が捧げられた。
 ブラジル日本商工会議所の平田藤義事務局長は「青年会議所は本会議所の中に生れ、独り立ちした存在。日伯交流を促進する上で、今も我々ができないような、手が届かない部分で活躍してもらっており補い合う関係。東京五輪の今年も、独自の活動に励んでほしい」とエールを送った。

ブラジル日本商工会議所の平田事務局長が熱弁を奮う様子

 さらに、世界に誇る日本製品とその思想がちりばめた本『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO JAPAO』(『世界が感謝!「日本のもの」』ポルトガル語翻訳版、ニッケイ新聞、19年)を浅村新会長にプレゼントした。
 ブラジル日本文化福祉協会の石川レナト会長は、「青年会議所は文協のさまざまなイベントで重要な役割を担っている大事なメンバーだ。日系社会だけでなく、ブラジル社会にも役立つプロジェクトを一緒にやってこう」と呼びかけた。
 野口泰在サンパウロ総領事は、11月に横浜で青年会議所世界会議が開催されることを挙げ、「ブラジルの活発な活動の様子を日本で報告してほしい」と語った。野村アウレリオ・サンパウロ市議は「40年前、私もこのメンバーだった。ブラジル日本青年会議所が開催した昨年のブラジル青年会議所全伯大会は素晴らしかった。ブラジルだけでなく、もっとグローバルに活躍を」とOBとして進言した。

 和田会頭は「とても凝縮された1年だった。無事にバトンを渡せてホッとしている」と業績を振り返った。司会が前に呼んだ歴代会頭約20人は、和田氏がつけていた会頭の首飾りを外し、浅村新会頭に掛け替える儀式を行った。
 ブラジル青年会議所の高橋ネルソン副会頭が、会長就任の誓いを読み上げ、浅村新会長は唱和して誓った。任期は1年。
 続いて新会頭の挨拶となり、「松柏学園で習った価値観と同じものを青年会議所活動に感じている。“貴重な機会は一度しか現れない”との言葉に従い、引き受けることにした。『成長のために革新する』(Inovar para Crescer)をテーマとし、青年会議所の認知度を上げる活動にも力を入れたい」と意気込んだ。
 その後、会場を移し、鏡割りの後、サンパウロ州商業評議会(JUCESP)の飯星ヴァルテル会長の音頭で乾杯し、和やかに歓談した。
 青年会議所は1982年6月24日に今井ヤスオ氏の働きかけにより、ブラジル日本商工会議所の一部門として発足し、02年に独立した。現在18~40歳の約35会員が活動に積極的に参加、41歳以上のシニアメンバーは100人以上にもなる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新刊紹介=『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO JAPÃO』=世界に誇る日本製品紹介をポルトガル語で2019年12月13日 新刊紹介=『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO JAPÃO』=世界に誇る日本製品紹介をポルトガル語で  ニッケイ新聞は9日、『世界が感謝!「日本のもの」』(「ニッポン再発見」倶楽部著、三笠書房、2015年)のポルトガル語翻訳版『O MUNDO AGRADECE! COISAS DO […]
  • 愛読者の皆さまに感謝の一年!2019年12月24日 愛読者の皆さまに感謝の一年!  2019年は読者の皆さんにとって、どんな年だっただろうか?  昨年末にサンパウロ新聞が廃刊したことの余波が、繰り返す波のようにいろいろな場面で押し寄せてきた。取材依頼が例年以上に多いと感じたのは、その一例だ。  年明けに400人ほどのサ紙読者が弊紙に移ってきてくれた。別の […]
  • 松浦アントニオさんが寄付=合計5千レアルを5団体に2020年3月13日 松浦アントニオさんが寄付=合計5千レアルを5団体に  松浦アントニオさん(89、二世)=サンパウロ州サンミゲル・パウリスタ在住=が20日に90歳の誕生日を迎え、創業したマツウラ・セグーロス社も60周年の節目を迎えるにあたり、祝賀会用に準備していた資金(合計5千レアル)をニッケイ新聞、ブラジル静岡県人会、サンパウロ日伯援護 […]
  • 兵庫県=高校・大学生がブラジル農業研修=「広大な農地、全てが新体験」2019年11月12日 兵庫県=高校・大学生がブラジル農業研修=「広大な農地、全てが新体験」  県内の高校・大学生13人と引率2人による「第41回兵庫県若手地域農業リーダー海外派遣団」(北垣一成団長)が、海外研修のため10月24日に来伯。先月31日に、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイ・パラセ・ホテルで会見した。  派遣団は5日までブラジルに滞在し、パラナ州 […]
  • 内閣総理大臣補佐官から礼状=木原稔氏「再建に向けて全力」2019年11月29日 内閣総理大臣補佐官から礼状=木原稔氏「再建に向けて全力」  内閣総理大臣補佐官の木原稔氏から本紙の高木ラウル社長に、以下のような手紙が届いた。高木社長が送った台風被害に関するお見舞い状への礼状だ。大統領も安倍首相にお見舞いのメッセージをおくっていたことや、弊紙の記事をチェックしてくれていることが伺われる内容だ。高木社長からの注 […]