ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》1人あたりの平均世帯収入が約1440レアル=最も高いのは首都ブラジリアのあるDF

《ブラジル》1人あたりの平均世帯収入が約1440レアル=最も高いのは首都ブラジリアのあるDF

 ブラジル地理統計院(IBGE)は28日、2019年のブラジル全土の平均世帯収入は、1人当たり月額1438・67レアルだったと発表した。
 この数値は、1373レアルだった2018年より、65・67レアル(4・8%)増だ。
 この額は、IBGEが毎年行う、全国家庭サンプル調査(Pnad)のデータを使ってまとめられた。調査結果は連邦会計検査院(TCU)に送られる。
 「1人当たりの平均世帯収入」とは、特定の地域(「ブラジル」や、「リオ州」、「サンパウロ州」など)の平均世帯収入を、平均世帯人数で割ったものだ。
 ブラジルは州ごとに教育レベルや生活習慣などが異なり、平均的な世帯人数にもばらつきがあるため、「平均世帯収入」だけで比較するのではなく、それを「平均世帯人数」で割る必要がある。
 ブラジル国内を州別に見ると、首都ブラジリアがある連邦直轄区(DF)が2685・76レアルで最高で、最低はマラニョン州の635・59レアルだった。
 サンパウロ州は1945・73レアル、リオ州は1881・57レアル、ミナス・ジェライス州は1357・59レアルだった。
 Pnadはブラジル全5570市中、3500市の21万1千世帯を対象に行われた。州ごとの「1人当たりの平均世帯収入」は、連邦政府から各州、並びに行政区分上「州」扱いの連邦直轄区に公布される、州参加基金(FPE)の配分基準の一つとして機能する。
 19年の場合、1人あたりの平均世帯収入が法定最低賃金(998レアル)を上回った州は12州あった。(28日付アジェンシア・ブラジル、同G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル2020年7月18日 《サンパウロ市》大晦日大型イベントの中止決断=危ぶまれる来年のカーニバル  ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は17日、大晦日毎年恒例の大型イベント「レヴェイオン」を、コロナ禍のために中止にすることを発表した。同日付現地サイトが報じている。  レヴェイオンは毎年大晦日の真夜中に、市内最大の繁華街パウリスタ大通りで行われているサンパウロ市主催のコ […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]