ホーム | ブラジル国内ニュース | ウルグアイ=新大統領の就任式行う=ブラジルとアルゼンチンの間に気遣いも

ウルグアイ=新大統領の就任式行う=ブラジルとアルゼンチンの間に気遣いも

 1日、ウルグアイの首都モンテビデオで、新大統領のルイス・アルベルト・ラカージェ・ポウ氏の就任式が行われた。2日付現地紙などが報じている。
 ラカージェ・ポウ氏は1990~95年に同国大統領を務めたルイス・アルベルト・ラカージェ氏の息子だ。同氏は同国で伝統的に強かった中道右派の国民党所属で、左派の「拡大戦線」が掌握していた政権を15年ぶりに奪還した。
 ラカージェ・ポウ氏は就任式で、「わが国では1985年の民政奪還以来、どの大統領も最後まで任期をつとめあげていることを誇りとしている」とし、民主的な治世を国民に約束した。
 今回の政権は、同国の歴史上初となる、5政党による連立政権となる。
 また、政治関係では、「過去30年で最大」という財政赤字の解決と共に、メルコスル(南米共同市場)の重要性を説いたが、「参加各国の他の地域との通商交渉を尊重する」とも語った。
 また、民主主義へのこだわりやメルコスルに言及した際に、「イデオロギーの違いを超えて協力しあう」と語り、対立し合うボルソナロ大統領とアルゼンチンのフェルナンデス大統領の関係への懸念をにおわせた。
 ボルソナロ大統領はこの式典に参加したが、アルゼンチンはフェリペ・ソラー外相が参加したのみで、フェルナンデス大統領は欠席だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナ感染者1日で1万人増、死者も計8500超!=死者数では世界第6位に=南米隣国が現状を懸念2020年5月8日 《ブラジル》コロナ感染者1日で1万人増、死者も計8500超!=死者数では世界第6位に=南米隣国が現状を懸念  【既報関連】6日、新型コロナ感染者が前日比1万503人増の12万5218人、死者も615人増の8536人となり、1日の増加数の最高値を更新した。7日午後4時現在の州保健局の集計での感染者は12万8975人、死者は8685人となったと6、7日付現地紙、サイトが報じた。 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ大統領がアルゼンチン大統領と会談か=3月初旬にも実施とも2020年2月14日 《ブラジル》ボルソナロ大統領がアルゼンチン大統領と会談か=3月初旬にも実施とも  ボルソナロ大統領が、アルゼンチンのフェルナンデス大統領と3月初旬に会談を行う意向があるという。13日付現地紙が報じている。  この会談がこの時期に行われようとしているのは、3月1日に行われるウルグアイの新大統領ルイス・ラカージェ・ポウ氏の就任式に二人共、出席するためだ。 […]
  • チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか?2019年11月5日 チリのような暴動は、ブラジルでも起きるか? ▼「AI5もありえる」という暴言の背景  10月31日、ボウロナロ大統領の息子エドワルド連邦下議は、居丈高に「もしもチリで起きているようなことがブラジルで起き、飛行機のハイジャックや要人の誘拐にまで発展するようなら、現代版のAI5(軍政令)を作って対応する […]
  • 東西南北2019年11月2日 東西南北  三男エドゥアルド氏がAI5発言で政界、司法界から総スカンを食い、ボルソナロ大統領も、マリエレ元リオ市議殺害事件関与の疑いが晴れたと思いきや、矛盾点が続々と報道されるなど、今週は散々だったボルソナロ一家。それに追い討ちをかけるかのような行動がウルグアイでも起きた。決選投票に進ん […]