ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=麻疹患者40日で7倍に=都電の駅にも接種ポスト

サンパウロ州=麻疹患者40日で7倍に=都電の駅にも接種ポスト

地下鉄や都電の駅でも予防接種を行う事を報じた17日付G1サイトの記事の一部

 【既報関連】保健省が17日、今年に入ってからの全国の麻疹(はしか)患者は426人で、感染の有無確認中の擬似症患者も810人いると発表したと同日付G1サイトが報じた。
 真性患者の報告は7州から出ているが、特出しているのは、82%に当たる350人の感染が確認されているサンパウロ州だ。
 サンパウロ州での患者数は、6月7日現在の51人が350人とほぼ7倍(586%増)になっている。患者数が特に多いのはサンパウロ市で、273人が感染。その次に多いのはサントス市の21人だが、同市では新たな患者の発生は報告されていない。
 サンパウロ州での患者発生率は1歳未満が最も高く、10万人あたり4・7人となっている。これは、この年齢層はまだ予防接種の対象に入っていないためだ。それ以外の年齢層では、20~29歳が10万人あたり1・6人、1~4歳と15~19歳は1・3人。5~9歳、10~14歳、30~39歳も、0・7~0・9人とやや高めだ。
 ただし、サンパウロ州保健局の集計では、15日現在で既に患者数が384人に増えている。サンパウロ州ではサンパウロ市とサンパウロ大都市圏内5市で、15~29歳を対象とする麻疹の予防接種キャンペーンを実施中で、17日~8月16日は、地下鉄や都電(CPTM)、複数市を連結するサンパウロ都市圏運輸公社(EMTU)の駅にも接種ポストを開設する(開設日と時間は週毎に発表)。
 なお、サンパウロ州以外で患者が確認されている州と人数は、パラー53人、リオ11人、ミナスとアマゾナス各4人、サンタカタリーナ3人、ロライマ1人となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年11月28日 東西南北  29日は市長選の決選投票が行われる。サンパウロ市もコーヴァス氏が勝つか、追い上げるボウロス氏が逆転するかで、目が離せない展開となっている。だが、気になるのは投票場の状況だ。11月に入ってコロナの感染者や死者が再び増えているからだ。選挙高裁は、選挙人証の代わりとなり、投票圏外に […]
  • 特別寄稿=中南米に生きて60年=移民の動機と最初の生業—キノコ栽培への挑戦=元JAIDO及びJICA農水産専門家 野澤弘司=(下)2020年11月28日 特別寄稿=中南米に生きて60年=移民の動機と最初の生業—キノコ栽培への挑戦=元JAIDO及びJICA農水産専門家 野澤弘司=(下) 寄港地で臨機応変に観光バイト  なけなしの携行資金U$80と、出港間際に親戚や知友からの餞別を合わせただけの所持金では、移民船で2カ月間航海する間、これから10か所余りの寄港地での飲食代、交通費や土産物を賄うには厳しいという現実に直面しました。  そこで対処策を考えた結果、 […]
  • 東西南北2020年11月26日 東西南北  コロナウイルスの感染が再び拡大し、恐れられている今日この頃。25日付アゴラ紙によると、そうした状況にも関わらず、サンパウロ市内では夜間、バーやレストランでマスクもしないで人が密集している状況が見られるという。この現象は、10月10日に市がバーの営業を午後11時まで認めた頃から […]
  • 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄2020年11月25日 特別寄稿=29日は市長の決戦投票日=成るか左翼の政権奪還=サンパウロ市在住  駒形秀雄  今週末29日(日曜日)には、サンパウロ市を含む全国の市長を決める決戦(第二次)投票が行われます。  「何だ、たかが地方の市長選挙か」と侮ってはいけません。  サンパウロ市の場合、800万人の有権者が参加する大選挙なのです。  選挙前の予想を覆して現在、決選投票に残ったの […]
  • 本村末廣氏子孫の消息求む2020年11月24日 本村末廣氏子孫の消息求む  小川和久氏(静岡県立大学特任教授)は、母親・フサノさんの伝記執筆を考えており、そのために母親と共に移住した本村末廣氏(もとむら・すえひろ、熊本県出身)の消息情報や子孫の連絡先を探している。  小川氏の母・フサノさんは親戚の本村さん夫妻と、1917年4月20日日本発、6月15 […]