ホーム | 日系社会ニュース | 援協定例会=創立式典の無事挙行を報告=7月は962万レの黒字

援協定例会=創立式典の無事挙行を報告=7月は962万レの黒字

 サンパウロ日伯援護協会(与儀上原昭雄会長)は「8月定例役員会」を22日、聖市の援協本部ビルで行い、約35人が出席した。
 創立60周年記念式典と翌日の夕食会は、問題なく挙行され創立60周年を盛大に祝すことができたと、与儀会長が報告した。
 園田昭憲副会長は60周年記念誌について「来年の3月末に完成の予定。予算は約15万レアルで、宮坂国人財団から資金援助を受ける方向で進めている」と説明。
 また聖市と事業提携して地域児童の社会教育を実施してきた奄美事業所だが、7月にその契約が終了したのに伴い、同月5日に活動を終了した。同事業所所長を務めていた渋谷ウィリアンさんは今月1日、あけぼのホーム、やすらぎホームのホーム長に就任した。
 福祉部からの報告では、福祉委員長でもある園田副会長が日系社会の高齢化に関連して「高齢の親などを持つ家族が福祉部へ相談に来ているが、日系社会の高齢者全員をケアするのは難しい。デイサービスなど新しい取り組みを考えなければならない」とし、奄美事業所の今後の活用も示唆した。
 園田福祉委員長は会員数の減少傾向にも言及。6月末時点で約4600人。月ごとの動きとしては、新規入会が10人、退会は40~50人と減少傾向にある。退会理由は、年会費が3年連続で未納だったことによる自動退会。会員数減少は「援協への理解者や支援者の減少」とも言えるが、有効な対策が打てないまま時間だけが経過する状況が続いている。
 サンジョゼ・ドス・カンポス市にあるさくらホームからは、さくらクラブとの共催で7月20~8月11日の週末8日間に開催した「第51回桜まつり」の報告があった。車約4千台、約2万人が来場し、30万レアル以上の利益があったと報告。また辻雄三運営委員長の娘、アンジェラいずみさんが運営委員に加入した。
 援協では現在、自動車や家電機器など豪華景品が当たるソルテイオ(抽選券)を販売中。残りわずかとなっており、9月中旬には販売終了の予定だ。1枚15レアル、10枚つづりのまとめ買いは1割引の135レ。聖市の援協本部ビル、傘下の各施設、聖市ガルボン・ブエノ街のMINISO(Rua Galvão Bueno, 13)で購入できる。抽選日は9月28日で、当選者には援協から連絡がある。景品伝達式は10月17日午前10時から援協本部ビルで行う。ソルテイオの購入予約、問い合わせは援協の巡回診療班(電話=11・3274・6512)まで。
 日伯友好病院を除く7月度決算は135万2994レの赤字を計上したが、同病院を含む全体では962万1615レの黒字となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協、慈善抽選券を販売=自動車や冷蔵庫が当たる2019年7月26日 援協、慈善抽選券を販売=自動車や冷蔵庫が当たる  サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は毎年恒例「第20回慈善ソルテイオ(抽選券)」の販売を開始した。今年も自動車や家庭電器など、豪華賞品が用意されている。  昨年まではブラジル連邦貯蓄銀行の認可の下、「リッファ(協力券)」の名称で販売していたが、今年から財務省の認 […]
  • 池坊ブラジル支部50周年花展=日本の森部隆教授の実演も2018年9月19日 池坊ブラジル支部50周年花展=日本の森部隆教授の実演も  池坊ブラジル支部(河村徳子支部長)は創立50周年と移民110周年を祝し「記念花展」を22、23日の両日、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • WILL=持続不能なビジネスモデルとは=日本の番組が見られるカラクリ2019年9月13日 WILL=持続不能なビジネスモデルとは=日本の番組が見られるカラクリ  日本消費経済新聞によれば、WILL社が行っていた「持続可能性のないビジネスモデル」(消費者庁)は、次の通り。①日本の投資家に約60万円でカラオケやゲームなどの複数のアプリが読み込まれたカード型USBメモリを購入してもらう、②購入してもらった機器を借り上げ、子会社が海外(主にハ […]
  • 在亜日系団体連合会2019年度役員2019年9月13日 在亜日系団体連合会2019年度役員  「らぷらた報知」9月12日号によれば「在亜日系団体連合会」(FANA)の新しい役員は次の通り。  第26回在亜日系団体連合会定期総会が8月31日開催され、新役員が次のように選出された。 ★第2019年度役員名簿(氏名、団体の順番) 【会長】米須清文(沖縄県人連合会) […]
  • ■訃報■生田博さん2019年8月28日 ■訃報■生田博さん  聖州モジ・ダス・クルーゼス市ポルテーラ・プレッタ植民地在住の元サンパウロ大学(USP)農業学部教授の生田博さん(二世)が、今月23日に聖市のサンタクルス病院で亡くなった。享年91。死因は老衰。近年は病気療養中だった。  生田さんは農学博士として、USPとピラシカーバ大学の農 […]