ホーム | 日系社会ニュース | リベルダーデ=高齢者向け分譲マンション着工=2年で完工、入居者募集中

リベルダーデ=高齢者向け分譲マンション着工=2年で完工、入居者募集中

整備中の建設予定地

 大空不動産(小林優子社長)と小林建設が提供する、高齢者向けバリアフリーの分譲マンション「すいせんビル」の建設に向けた土地整備が始まり、写真の通り、すでに地下を深く掘り下げている。竣工は2022年6月の予定で、現在も入居者募集中。
 すいせんビルは高齢者養護施設と違い、自立して生活できる健康な日系高齢者が、便利な自宅で仲間と楽しく過ごせる集合住宅にするという発想のもとに建設が進められている。
 場所はサンパウロ市リベルダーデ区グロリア街501番。メトロの日本リベルダーデ駅に近く、サンパウロ日伯援護協会本部ビルと医療センター、ブラジル日本文化福祉協会ビル、日本食材店、多くの県人会会館も徒歩でいける好立地だ。
 マンションは地下2階から地上11階まで。地下駐車場付きで、共用の台所と食堂、コインランドリー、カラオケなどを楽しめる娯楽室、軽い運動ができる広場や家庭菜園を楽しめる共用スペースも完備する予定。

すいせんビル完成予想画像【提供】

 外に出なくても食堂では食事(有料)の提供をし、マンション内に診察室とリハビリ室を設置し、医師による定期訪問診療も検討している。
 駐車場なしのワンルームから駐車場・2寝室付きの住居もあり、価格は32万7千レアルから。専有面積は32・68~58・33平方メートル。4割ほどの入居がすでに決まっている。
 問い合わせは大空不動産(サンパウロ市リベルダーデ区グロリア街466番、電話=11・3277・8545/3274・6775)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 援協60周年記念誌を発刊=伴淳三郎からの手紙も紹介2021年1月28日 援協60周年記念誌を発刊=伴淳三郎からの手紙も紹介  サンパウロ日伯援護協会は先ごろ『援協60年史』を発刊した。同刊では多くの写真を取り入れ「読み飽きさせず、一目でわかる」ようヴィジュアル面を重視し、日ポ両語で制作された。「通常は編纂委員会だけで作られるが、多くの人に参加して頂いた」と60年史編纂委員の園田昭憲実行委員長 […]
  • 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成2021年1月16日 援協役員会=与儀会長が保健相と面談=SMA病院増床計画を説明=『60年史』がついに完成  昨年12月17日にサンパウロ日伯援護協会(当時・与儀昭雄会長)は聖市リベルダーデ区の本部ビルで12月の定例役員会を開催した。与儀会長は冒頭挨拶で「長い4年間一緒に頑張って下さり有難う御座います」と感謝を述べ、税田清七新会長へ後事を託した。  与儀会長は、エドゥアルド […]
  • 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」2021年1月14日 5団体=オンラインで新趣向の新年会=全伯から参加、文化紹介も=「進取の気性で良い新年に」  日系5団体による新年会が8日午後7時からオンラインで開催された。司会の上原テリオさんは「右足から素晴らしい新年を始めましょう」、中里クラウジアさんは「昨年は沢山のことを学んだ。良い新年を迎えましょう」と呼びかけた。第1部では式典、第2部では文化紹介を行った。当日は山田 […]
  • 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から2021年1月13日 篤志家の内村さんに感謝状=長年寄付を貰った援協から  サンパウロ日伯援護協会(当時は与儀昭雄会長)の旧年最後の定例役員会が12月17日に開かれ、評議員をつとめながら資金や物資、アパートの寄付などを長年行ってきた内村俊一さん(熊本県出身、85)に感謝状が授与された。  同定例役員会の寄付報告では11月だけでも福祉部・サン […]
  • 慈善リッファ賞品を譲渡=日系福祉4団体から車など2021年1月9日 慈善リッファ賞品を譲渡=日系福祉4団体から車など  昨年12月22日、日系福祉4団体(こどものその、憩の園、希望の家、援協)共催による慈善リッファの賞品譲渡式が援協本部ビル5階で開かれた。  例年、4団体で慈善ディナーショーを開催していたが、本年はコロナ禍の影響でリッファのみだった。1等にはコンパクトカーのフィアット […]