ホーム | ブラジル国内ニュース | 《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も

《コロナショック》南米諸国も続々と国境閉鎖=自主的隔離を呼びかける国も

 【既報関連】中国や韓国、日本などのアジア諸国、イタリアやフランス、スペインなどに比べると感染ペースの遅いラテン・アメリカ諸国だが、その分、国境閉鎖などの思い切った措置を早めに取り始めていると、16日付ブラジル紙・サイトが報じた。
 アルゼンチンのアルベルト・フェルナンデス大統領は15日、16日から15日間の国境閉鎖措置を発表した。入国できるのは、アルゼンチン人か、同国に居住権を持つ外国人だけだ。
 フェルナンデス大統領はまた、3月31日まで全国的に休校措置をとることも発表した。
 また、コロンビアも16日以降、コロンビア人や同国に居住権を持つ外国人以外の入国を禁じた。入国を許された人は、14日間の隔離措置が義務付けられる。
 ペルー政府は、国境閉鎖措置をとると共に、国民に対して15日間の自主的自宅隔離を要請している。
 チリでも、18日以降は国境が閉ざされる。同国では2週間に及ぶ休校措置もとられた。
 ブラジルのパラナ州のフォス・ド・イグアス市は、パラグアイのシウダ・デル・エステ市と国境を接しており、友好の橋は自由に通行できていた。以前はパラグアイ側の職員がブラジル側から入国する外国人の体温を測り、コロナウイルス感染の疑いがある人物の入国だけを断っていたが、同国紙ABC Colorによると、現在はパラグアイ人と同国に居住権を持つ外国人以外は入れない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認2020年3月10日 《コロナウイルス》ラテンアメリカ諸国でも着実に感染拡大=10カ国で感染が確認  3月9日の時点で、ラテンアメリカ諸国の中で、新型コロナウイルス感染症(COVID―10)の感染者が確認された国は、エクアドル、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドミニカ共和国、チリ、ペルー、コロンビア、コスタリカ、パラグアイの10カ国となった。  アルゼンチンでは7日に、フ […]
  • 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる2020年3月14日 《ブラジル》レシフェ=クルーズ船でコロナ感染者?=新たな対応策が迫られる  ペルナンブコ州保健局が13日、12日にレシフェ港に着いたクルーズ船の乗客が新型コロナウイルス感染症らしき症状を呈したため、乗客乗員計609人が船ごと隔離状態に置かれたと発表したと13日付現地紙、サイトが報じた。  件の乗客は78歳のカナダ人男性で、心筋梗塞の可能性が […]
  • 《ブラジル》コロナウイルスの判定訓練=2日間で9カ国の代表10人に2020年2月12日 《ブラジル》コロナウイルスの判定訓練=2日間で9カ国の代表10人に  リオ市にあるオズワルド・クルス財団(Fiovruz)研究所で6~7日の2日間、新型コロナウイルスに感染しているか否かの判定を行うための訓練が行われた。  中南米の9カ国10人の代表への訓練は、ブラジル保健省と汎米保健機構(Opas)が提携して開催。各国・地域の保健医 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]