ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ対策=1470億レアル規模の経済政策発表=政府支出の拡大は含まれず=株5%上げ、ドル5レ維持

《ブラジル》コロナ対策=1470億レアル規模の経済政策発表=政府支出の拡大は含まれず=株5%上げ、ドル5レ維持

経済政策を発表するゲデス経済相(中央・経済省提供)

 【既報関連】ブラジル株が13・9%下落し、ドル/相場は史上初の1ドル=5レアルラインを突破した16日、パウロ・ゲデス経済相は新型コロナウイルス感染症(COVID―19)による経済への影響を緩和するため、1473億レアル規模の経済活性化策を発表したと16、17日付現地各紙・サイトが報じた。
 政府案の内訳は、834億レアルが高齢者や経済的困窮者向け。594億レアルが、企業が無闇な首切りや雇い止めに走らないように納税期限を延期することなどを含む、雇用維持向けだ。残る45億レアルは、新型コロナウイルス対応費用だ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相2020年8月18日 《記者コラム》樹海=セントロン復活と追い詰められたゲデス経済相  ボウソナロ大統領のイデオロギー路線は完全に行き詰まった。その象徴が、極右思想のアブラアン・ウェイントラウビ氏が6月に教育相を解任されたと同時に“米国逃亡”を図ったことだ。  イデオロギー路線は「ボウソナロ氏に不利な判断ばかり下すような最高裁は閉鎖しろ!」「古い政治手 […]
  • Ibovespa=4カ月ぶり最高値を記録=10万P、コロナ前に戻す2020年7月11日 Ibovespa=4カ月ぶり最高値を記録=10万P、コロナ前に戻す  9日、サンパウロ証券取引指数(Ibovespa)が4カ月ぶりの高値をつけそうになったが、息切れして10万ポイントを超すことが出来なかった。ただし、10日には10万0031・83ポイントとなった。 […]
  • 東西南北2020年6月19日 東西南北  15日に逮捕されたネオナチ集団「300・ド・ブラジル」のリーダー、サラ・ウインター容疑者が17日、連邦警察からブラジリアの女性刑務所に移された。刑務所内では、隔離された場所に収容されるという。同容疑者の弁護士の1人は、「彼女の理屈を弁護するのは不可能」と担当を降りている。同日 […]
  • 東西南北2020年6月18日 東西南北  新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛で、映画館や劇場、サッカースタジアムなどが開かないため、娯楽が減って生活が退屈になりがち。その対策として、野外で映画鑑賞を行う「ドライブイン・シアター」が人気を集めている。サンパウロ市西部バラ・フンダのラテンアメリカ記念館が17日に始 […]
  • 《ブラジル》国庫運営の番人=マンスエト国庫局長が8月辞任2020年6月16日 《ブラジル》国庫運営の番人=マンスエト国庫局長が8月辞任  経済省国庫担当局長(secretário do Tesouro […]