ホーム | 文芸 | 連載小説 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳 | 臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(231)

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(231)

 ネナは料理やその他の家事をしっかりと、文句も言わずにこなしていた。それを房子がひき継ぐわけにはいかないと正輝は考え、ほかの娘にその役をさせた。結局、10歳になったヨシコに料理を、ツーコに家事をさせることにした。そして、たまに夕食を作っていた正輝が、今度は毎日作ることになった。
 前から肺の調子がよくなかったヨシコはますますひどくなった。動悸を訴え、ひどい咳で息苦しく、食欲も衰え、やせつづけた。火曜日の朝市のお客さんでコロネル・アルフレッド・ファッケル街にある薬局のザネイ薬剤師の勧めで、房子は薬を与えたが、一時しのぎに過ぎなかった。一時は治まるが、すぐにまたぶり返す。しわがれ声、咳、息切れ、食欲減退をくり返した。
 「加持祈祷をしなければ」と両親は決心した。サンパウロの奥地のポルト・フェレイラとモコカの間にあるタンバウーという小さな町にドニゼッチという神父がいた。ジョエルミールという子どものどもりを神父が直し、彼をラジオのサッカー実況の放送をするようになるまでしたという。
 ラジオ・ナショナルの放送番組にいつも午後から放送される「アヴェマリアの時間」という番組があった。番組はジュール・マスネ作曲、オペラ「タイス」のなかの「瞑想曲」から始まる。アナウンサーは貧乏人に「イエスの小さな袋」を配ることで名が知られたペドロ・ジェラルド・コスタで、ドニゼッチ神父の祝福をラジオで伝えていた。ドニゼッチ神父の祝福を受けたい者は「アヴェマリアの時間」の放送時間に澄んだ水をビンに入れ、ラジオの上におけば、加持祈祷を受けられるのだ。その水をうやうやしく飲めば、病気が癒されるという。
 正輝はタンバウーの神父の祝福を直接うけたいというサントアンドレの日本人のグループがいることを知った。さっそく、奇跡で病気を癒す神父のいる奥地へみんなでトラックに乗って訪れることにした。祝福をうけるための条件はドニゼッチ神父の説教と祈祷を聞き、祝福した水のビンを彼から直接受け取って、もって帰るということだった。ラジオを通した祈祷の効果が高いというのだ。
 正輝はビンに入った水をもって帰った。ただ、問題なのはその水を飲んだあと、どうやって、祝福の水を手に入れるかだった。家にはラジオがないから近所の人に頼むしかない。マニール氏の大きな土地にはほかにも借家がたくさんあり、その一軒にルシアという未亡人が住んでいる。正輝とは反対に裕福な暮らしをしていて、ニスで塗られた箱型のラジオをもっていた。応接間の家具の上におかれたラジオには青とピンクのレース編みで飾った白いタオルがかけられ、上にはプラスチックの花が飾られていた。この花瓶を「アヴェマリアの時間」のドニゼッチ神父の祝福の時間に水のビンに置き換えさえすればいいのだ。
 はじめの何回かは正輝自身がルシア夫人に頼みに行ったが、そのあとはツーコに行かせた。なんと、この水を飲み始めてから、ヨシコの体調がよくなりだした。慢性喘息が完全に治まってしまったのだ。彼女は肥り出し、いや、肥りすぎたぐらいだ。

 このラジオ放送でヨシコの病は治ったことで、家族はラジオが欲しくなった。正輝は日本語の放送があることを知っていた。もう長いこと使わなくなった日本語だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転2021年6月25日 《ブラジル》コパ・アメリカでセレソンが3連勝=後半終盤にコロンビアを逆転  23日、サッカーのコパ・アメリカでブラジル代表(セレソン)対コロンビアの一戦が行われ、後半終盤に試合をひっくり返し、2―1で勝利したセレソンが3連勝を飾った。24日付現地紙が報じている。  リオ市のニウトン・サントス・スタジアムで行われたこの1戦、先制したのはコロン […]
  • 東西南北2021年6月25日 東西南北  現在のブラジルを代表する映画監督クレベール・メンドンサ・フィーリョが7月に開催される、フランスのカンヌ映画祭で審査員をつとめることになった。メンドンサ・フィーリョといえば、2019年にブラジルで大ヒットし、日本も含めて国際的にも高い評価を得た社会風刺アクション・ホラー映画「バ […]
  • 東西南北2021年6月24日 東西南北  日本で東京五輪開催に反対する運動が強まっており、23日にはブラジルでも、フォーリャ紙サイトなどの大手メディアが写真付でその様子を報じている。日本でのネットでの声を拾うと、彼らの中にはサッカーのコパ・アメリカの強行開催に伴う感染者多発報告で恐れをなしている人も少なくない。21日 […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]