ホーム | コラム | 樹海 | ボウソナロ大統領もやっと認識?

ボウソナロ大統領もやっと認識?

 17日夜、ボウソナロ大統領が議会に非常事態である事を認めるよう要請したとの報道が流れ、「おや? 大統領の態度が変わった」と思った。
 というのは、同日昼過ぎは、無用の外出や人ごみを避ける事を勧め、映画館やショッピングセンターの閉鎖やスポーツの試合中止などを命じた知事達の行為を批判していたからだ。大統領は知事達を批判した際、法定アマゾンの開発を擁護した際も使った「経済活動を止める事は出来ない」との論を展開した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コロナを甘く見るべからず2020年4月9日 コロナを甘く見るべからず  新型コロナウイルスの感染拡大が続き、7日の感染者は保健省発表で1661人(14%)、州保健局の集計で1817人(15%)増え、死者も保健省発表で114人(21%弱)、州保健局の集計では121人(21%強)増えた。  2週連続で日曜と月曜に増加数が減った後、火曜日に増えるパタ […]
  • コロナ抑制の成否が来年の景気を占う2020年4月2日 コロナ抑制の成否が来年の景気を占う  新型コロナウイルス対策として保健相や知事達が打ち出した外出自粛策などを、ボウソナロ大統領が批判して物議を醸す最中の3月31日、G20財相・中銀総裁の電話会議が開かれた。  国際通貨基金のクリスタリーナ・ゲオルギエヴァ専務理事は会議中、「来年の景気回復の見通しはコロナ禍の終息 […]
  • 世界が本当に小さくなった…2020年3月12日 世界が本当に小さくなった…  このところ、世界が本当に小さくなったと思わされる事が続いている。新型コロナウイルスの感染拡大や、世界大の株式暴落もその中の一つだ。  かつての日本移民は荷物と共に、船で何十日もかけてやって来た。それが飛行機による移民になり、本人達が着いた後、船便の荷物が追いかけて来るように […]
  • 全体の流れを見る事の大切さ2020年3月5日 全体の流れを見る事の大切さ  3日夜、食卓の上に水道のメーターを取り替えた事を示す書類が置いてあるのに気がついた。主人も検査で留守だったため、息子がサインしていたが、その後、主人から台所やトイレの水が出ないと言われた。調べてみると途中までは水が来ている。ならばと思い、台所とトイレの配管部の栓(レジストロ) […]