ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

本来サッカーが行われる芝生の上に大型テントの骨組みが並べられた(EDSON LOPES JR./SECOM)

 【既報関連】サンパウロ市中心地にある伝統のサッカー場、パカエンブー競技場で22日、本来サッカーが行われる芝生の上に野戦病院型の医療施設の設営が始まった。ここには202のベッドが運ばれる。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の感染者が今後急増することが確実視されており、患者の受け入れ用の施設となると、22日付現地サイトが報じた。
 6300平方メートルの仮設テントは、80人が繰り出して建設されている。
 3月22日付のブラジル政府の正式発表では、国内のコロナウイルスの死者は25人に達している。 
 25人の内、サンパウロ州だけで22人が死亡している。同州では、さらに631人がCOVIDー19に感染しているが、症状の度合いは様々だ。
 サンパウロ市は、市北部のアニェンビ複合施設の敷地内にも1800以上のベッドを配置する。
 パカエンブー競技場は民間会社アレグラ・パカエンブーが経営権を取得していたが、緊急事態として、市の要望に応じ、施設利用を許可した。
 パカエンブーとアニェンビー、合わせて2千床が確保されることになるが、これらの施設には、サンパウロ市保健局が、コロナに感染していて、「自宅隔離療養で済むほど症状が軽くはなく」、「UTIや人工呼吸器が必要なほど症状が重くない」と判定した患者が運ばれる予定だ。
 アレグラ・パカエンブーは、仮設構造物の組み立てとテント付きの野戦病院の建設の経験を持つ企業、プロゲンとパートナー関係にある。その事実も、今回のテント設営作業がスムーズに進むことに寄与した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナウイルス=検査中のブラジル人12人に増加=サンパウロ州が最多で検査中7人=救出訴える女子サッカー選手も2020年2月1日 コロナウイルス=検査中のブラジル人12人に増加=サンパウロ州が最多で検査中7人=救出訴える女子サッカー選手も  【既報関連】中国で流行が始まり、現在、世界中で脅威となっているコロナウイルス。1月30日にはジュネーブで開催された世界保健機関(WHO)の緊急会合で、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」が宣言された。  ブラジルでは発症者こそ確認されていないものの、ブラジル保健 […]
  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 《ブラジル》コロナウイルス=各州が感染拡大防止策追加=リオはレストランに制限、聖市は乗り入れ制限停止2020年3月18日 《ブラジル》コロナウイルス=各州が感染拡大防止策追加=リオはレストランに制限、聖市は乗り入れ制限停止  【既報関連】新型コロナウイルスへの感染者が急増する中、リオ州や聖市が感染拡大防止に向けた新対策を発表した。  リオ州のウイルソン・ヴィッツェル知事(キリスト教社会党)が17日に発表した知事令には、公立、私立校での授業やサッカーなどのスポーツの試合、不特定多数が参加する行進や […]
  • 東西南北2020年3月17日 東西南北  ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、16日からCBF主催の大会や試合の無期限中断を発表した。声明には「現在実施中のCBF主催の全国規模の大会(ブラジル杯、女子全国選手権1部、2部、17歳以下ブラジル選手権、20歳以下ブラジル杯)の試合は再開予定日時を決めずに中断する」と書 […]
  • 東西南北2020年3月14日 東西南北  11日にWHOが新型コロナウイルスのパンデミック宣言を行ったのと時を同じくして、ブラジルでの感染者数が急速に増えているが、これに伴い、ブラジル国内や南米でも、大きなイベントの中止や延期が相次いでいる。サッカーでは、リベルタドーレス杯が、来週の試合分から無期限での開催延期となっ […]