ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

本来サッカーが行われる芝生の上に大型テントの骨組みが並べられた(EDSON LOPES JR./SECOM)

 【既報関連】サンパウロ市中心地にある伝統のサッカー場、パカエンブー競技場で22日、本来サッカーが行われる芝生の上に野戦病院型の医療施設の設営が始まった。ここには202のベッドが運ばれる。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の感染者が今後急増することが確実視されており、患者の受け入れ用の施設となると、22日付現地サイトが報じた。
 6300平方メートルの仮設テントは、80人が繰り出して建設されている。
 3月22日付のブラジル政府の正式発表では、国内のコロナウイルスの死者は25人に達している。 
 25人の内、サンパウロ州だけで22人が死亡している。同州では、さらに631人がCOVIDー19に感染しているが、症状の度合いは様々だ。
 サンパウロ市は、市北部のアニェンビ複合施設の敷地内にも1800以上のベッドを配置する。
 パカエンブー競技場は民間会社アレグラ・パカエンブーが経営権を取得していたが、緊急事態として、市の要望に応じ、施設利用を許可した。
 パカエンブーとアニェンビー、合わせて2千床が確保されることになるが、これらの施設には、サンパウロ市保健局が、コロナに感染していて、「自宅隔離療養で済むほど症状が軽くはなく」、「UTIや人工呼吸器が必要なほど症状が重くない」と判定した患者が運ばれる予定だ。
 アレグラ・パカエンブーは、仮設構造物の組み立てとテント付きの野戦病院の建設の経験を持つ企業、プロゲンとパートナー関係にある。その事実も、今回のテント設営作業がスムーズに進むことに寄与した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2021年1月13日 東西南北  サンパウロ市ブタンタン研究所が8日に国家衛生監督庁(ANVISA)に緊急使用許可申請をした。これで、新型コロナウイルスのワクチン「コロナバック」の接種が、サンパウロ州が予定しているように1月25日から開始されることが現実味を帯びてきている。そんな中、「誰が最初にコロナバックの […]
  • 特別寄稿=新しいブラジル日系社会の夜明け=ニッケイ新聞を応援する会発足 アチバイア在住 中沢宏一2021年1月8日 特別寄稿=新しいブラジル日系社会の夜明け=ニッケイ新聞を応援する会発足 アチバイア在住 中沢宏一 サビアーの鳴き声とともに朗報  私はコロナ禍自粛生活に入って早寝早起きで、二時には目が覚める。ニッケイ新聞デジタル版のニッケイ社会ニュースを見ていたら [ニッケイ新聞/ニッパク新聞を応援する会]が目にとまりました。  代表世話人・矢野敬崇、世話人・下本八郎 […]
  • 東西南北2020年12月29日 東西南北  クリスマス前後から、コロナウイルス関連で、いろんな形の騒動が起きている。ひとつは英国で発生した感染率の高い変異種が、欧州の他の国や日本でも見つかったこと。これで多くの国がパニックになっている。ブラジルでも25日から、英国からや英国経由の旅行者の入国が禁止されたが、この変異種が […]
  • 東西南北2020年12月25日 東西南北  聖夜前日の23日が仕事納めだった人も少なくないと思うが、それはサンパウロ州内の州立校も同様。コロナ禍で波乱に満ちた1学年を終えることとなった。ほとんどの生徒たちにとってはこれから1カ月強の休みに入るが、「授業数が足りていない」と思う学校は、1月4日から22日の間に25コマの補 […]