ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

《ブラジル》コロナ対策でサッカー場に病院=芝生の上に200人収容テント

本来サッカーが行われる芝生の上に大型テントの骨組みが並べられた(EDSON LOPES JR./SECOM)

 【既報関連】サンパウロ市中心地にある伝統のサッカー場、パカエンブー競技場で22日、本来サッカーが行われる芝生の上に野戦病院型の医療施設の設営が始まった。ここには202のベッドが運ばれる。新型コロナウイルス感染症(COVIDー19)の感染者が今後急増することが確実視されており、患者の受け入れ用の施設となると、22日付現地サイトが報じた。
 6300平方メートルの仮設テントは、80人が繰り出して建設されている。
 3月22日付のブラジル政府の正式発表では、国内のコロナウイルスの死者は25人に達している。 
 25人の内、サンパウロ州だけで22人が死亡している。同州では、さらに631人がCOVIDー19に感染しているが、症状の度合いは様々だ。
 サンパウロ市は、市北部のアニェンビ複合施設の敷地内にも1800以上のベッドを配置する。
 パカエンブー競技場は民間会社アレグラ・パカエンブーが経営権を取得していたが、緊急事態として、市の要望に応じ、施設利用を許可した。
 パカエンブーとアニェンビー、合わせて2千床が確保されることになるが、これらの施設には、サンパウロ市保健局が、コロナに感染していて、「自宅隔離療養で済むほど症状が軽くはなく」、「UTIや人工呼吸器が必要なほど症状が重くない」と判定した患者が運ばれる予定だ。
 アレグラ・パカエンブーは、仮設構造物の組み立てとテント付きの野戦病院の建設の経験を持つ企業、プロゲンとパートナー関係にある。その事実も、今回のテント設営作業がスムーズに進むことに寄与した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月17日 東西南北  今日17日から、新型コロナウイルスに伴う緊急支援金の通算第6回目の支給がはじまる。これまでのように長蛇の列となって混雑する姿は、今から想像できそう。ところが16日付アゴラ紙によると、それがなくとも、連邦貯蓄(CAIXA)銀行の前には既に行列ができている。それはCAIXAでは、 […]
  • 東西南北2020年9月12日 東西南北  10日、サンパウロ市は今年に入って2番めに高い33・4度を記録した。今年の最高気温は1月27日に記録した33・7度だ。普通、年間の最高気温は夏季の1月もしくは2月に記録されるが、以前から9月もしくは10月に気温が急に高くなることは決して少なくなく、今年も4日に32・5度を記録 […]
  • 東西南北2020年9月11日 東西南北  10日付現地紙によると、大サンパウロ都市圏に水を供給している水系の貯水量が、この1年間で21%落ちたという。昨年の9月9日現在の貯水量は1兆3464億4千万立法メートルだったが、今年の同日は1兆604億4千万立法メートルになったという。ただでさえ、乾季で雨量が減る上、今年はコ […]
  • 東西南北2020年9月9日 東西南北  5日から続いた3連休。予想されていたとはいえ、3日とも天候が良かったところが多かったことで、海岸は全国的に大勢の人でにぎわった。それだけでなく、バーやレストラン、公園でも、人が多く見られた。サンパウロ市などでは5月に、祝日前倒しの「フェリアドン」を導入し、「休みを生かして外に […]
  • 特別寄稿=老化現象への挑戦 アチバイア市在住  中沢宏一2020年9月4日 特別寄稿=老化現象への挑戦 アチバイア市在住  中沢宏一   □序文□  「老化現象への挑戦」と厳めしい題名をつけたが、老化をそのままにしておくと悪化の方向に確実に進行してゆく。健康に自身があり、まともな食事をし、運動も適宜にしてきた人でも老化は起る。それにそれまでの事故、怪我の後遺症と遺伝的な要素も加わり、 […]