ホーム | 日系社会ニュース | 「4、5月の行事は自粛」=聖南西役員会で取り決め

「4、5月の行事は自粛」=聖南西役員会で取り決め

定例役員会の様子。中央が山村敏明会長

 聖南西文化体育連盟(UCES=山村敏明会長)は14日午前9時から、ソロカバ市のソロカバ日伯文化体育連盟会館で定例役員会を開き「会議ごとに個人から食費を徴収する」、「コロナウイルスの拡散防止のため4、5月の行事を自粛する」、「UCES70年記念史に相撲部の歴史を加える」ことなどを決定した。会議には傘下の25団体の会長、副会長、相撲など各イベント部長、副部長ら44人が出席した。
 会場入り口には消毒用アルコールが用意され、各団体役員が入場して第2次招集時間午前9時に定例役員会が始まった。1月18日の新年会を兼ねた総会で決議されたイベントの昼食代徴収について、「UCESが招集するのだから食費徴収は『おもてなし』の日本文化に反する」などと抗議の提案があった。最終的に原案通り各人から25レアル徴収することになり、各部会に食費として1000レアル支給することになった。
 2020年度の部会予算は相撲部と卓球部合わせて5350レアルと報告された。300万レアル基金設立計画は、241万4959レアルとなった。『聖南西文化体育連盟70年史・日本移民110年史』予算は5万5200レアル。
 文化スポーツ行事については、コロナウイルス感染の脅威が今後高まると予想され、5月にピークを迎えると考えられるので「自粛する」ことになった。4月4日にレジストロ市で予定されていた教育部の定例会は中止する。
 各部の現状報告では、山村会長が「相撲部の大瀧多喜夫部長が2月20日、サンパウロ総領事から『在外公館長表彰』を受けた。おめでとうございます」と報告され、大瀧部長が「会長でなくとも社会のためにやっていれば、部長クラスでも表彰される。ここに出席されている皆さんも頑張って表彰を受けてください。ありがとうございました」と感謝した。

心を込めて手料理を作ったソロカバ日伯文化体育連盟の婦人部の皆さん

 会議は正午に終わり、ソロカバ日伯文化体育連盟の婦人部が作った手料理に舌鼓を打った。
 山村会長は本紙インタビューに応えて「コロナウイルスの問題では健康が第一なので集会を自粛しなければならない。次の定例役員会は6月20日にタピライで開催されることになっているが、それまでには何とか収まってほしい。毎年恒例の3月、6月、9月の定期総会、12月の忘年会、1月の新年会はやりたい」と感想を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月19日 東西南北  15日から17日、3夜連続で、ボルソナロ大統領に対する抗議行動としての鍋叩き「パネラッソ」が行われた。主にサンパウロ市やリオ市などの州都で、日によって参加する市や人の数も異なったが、16日午後6時の場合は九つの州都で、「辞めろ、ボルソナロ!」などの掛け声と共にカンカンと鍋が叩 […]
  • 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロア対策で「金メダル」対応を2021年1月19日 《記者コラム》今が正念場! 日本はコロア対策で「金メダル」対応を 国際電話「日本はもうオシマイだ・・・」  「日本はもうオシマイだ・・・」――先週、静岡県に住む親戚から突然、国際電話がかかって来てそう言われ、心底驚いた。  日本政府は13日、緊急事態宣言に大阪・愛知・福岡など7府県を追加した。そのニュースを見て心配になり、居て […]
  • 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄2021年1月19日 特別寄稿=どうして止まった フォードブラジル車=地力を生かせば また昇る=サンパウロ市在住  駒形秀雄  正月気分も抜けきれない11日、ブラジル社会に衝撃のニュースが流れました。古くからなじんで来たフォード社がブラジルの全工場を閉鎖し、車の生産を止めるというのです。  フォードトラックを持つことは戦前の日系移民の夢でした。戦後はスマートなフィエスタ、エスコートスポーツ等 […]
  • 移民の味=開店直後にコロナ禍直撃=めげす営業続けるアラブ料理店2021年1月19日 移民の味=開店直後にコロナ禍直撃=めげす営業続けるアラブ料理店  「今年初めてこのランプを灯すんですよ」 ――年明け1月7日の昼食時、一軒のレストランにつるされたモザイク模様のランプから色とりどりの光がこぼれ出した。この手工芸品的なランプがレストランのオーナーの手作りなら、ユニークな壁や天井の室内装飾もオーナーの作品。そこで提供さ […]
  • ブラジル日系文学65号発刊=次号から日語版縮小を検討2021年1月18日 ブラジル日系文学65号発刊=次号から日語版縮小を検討  ブラジル日系文学会(櫻井セリア会長)が『ブラジル日系文学』第65号(発行者=近藤アンドレ、編集者=中田みちよ)を発刊した。  初登場となる大浦智子氏の特集「哀しみのディアスポラ」を掲載。シリア難民へ取材した「あるシリア難民との出会いから」や聖市内に住む3人の難民を交 […]