ホーム | ブラジル国内ニュース | ラシャジーニャ=大統領長男再び捜査対象に=リオ地裁判事の判断撤回で

ラシャジーニャ=大統領長男再び捜査対象に=リオ地裁判事の判断撤回で

 リオ州地裁は23日、リオ州検察局による、大統領長男のフラヴィオ・ボウソナロ上院議員の「ラシャジーニャ」疑惑に関する捜査の再開を認めた。23、24日付現地紙、サイトが報じている。
 この件は、フラヴィオ氏がリオ州議員時代に、複数の幽霊職員を使い、同氏の運転手などを務めていたファブリシオ・ケイロス氏の口座に給料のほぼ全額を大量に振り込ませていた不正疑惑に関するもので、2018年12月頃から物議を醸していた。
 この件の捜査は今月11日に、リオ州地裁のスイメイ・カヴァリエリ判事が差し止めの判断を出し、止められていた。だが、 23日に、同判事自身が捜査再開の許可を出した。
 スイメイ判事によると、「リオ州刑法裁判所第3法廷の他の判事が同件を分析したい」との理由での差し止めだったが、新型コロナウイルスの影響により、3月31日まで閉廷となったことから、差し止め判断を取り消すことにしたと語っている。
 フラヴィオ氏は同件で、公金横領、資金洗浄、組織犯罪計画などの疑惑を持たれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により2020年3月28日 コロナ=自動車工場も操業停止=感染予防と需要急落により  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内の自動車工場が操業停止中もしくは停止に踏み切ることを決めていると、27日付現地サイトが報じている。    全国自動車工業会(ANFAVEA)によると、国内にある65カ所の自動車、バス、トラック、農業機械の製造工場全てが操業を停止すると […]
  • サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価2020年3月27日 サンパウロ大都市圏=ドライブスルーで予防接種=高齢者対策として高評価  新型コロナウイルスの感染拡大で前倒しされたインフルエンザの予防接種が23日から行われているが、外出自粛令発令中のサンパウロ州では、サンパウロ大都市圏だけで少なくとも14の自治体がドライブスルーでの対応を行い、好評を得ていると26日付現地紙などが報じている。   23日からの […]
  • 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調2020年3月27日 《ブラジル》新型コロナ感染症=患者本人が「外出自粛」を推奨=辛い体験通して隔離の重要性強調  【既報関連】新型コロナウイルスの感染が広がり、連邦政府の言動と知事達の採る方策の食い違いなどが物議を醸しているが、実際に感染し、苦しんだ患者達が、自らの体験を通して隔離の必要性などを訴えている。  26日付G1サイト掲載の証言者の一人は、ゴイアス州リオ・ヴェルデ在住のヴェラ […]
  • サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て2020年3月26日 サントス=クアレンテーナで女性が負傷=母に会いに行くと窓から出て  サンパウロ州海岸部のサントス市で、新型コロナウイルスに伴う外出自粛令(クアレンテーナ)を振り切って母親に会いに行こうとした女性が、窓から抜け出そうとして瓦を踏み抜き、負傷する事故が起きるなど、同令実施の難しさを示す事柄が起きている。25日付現地サイトが報じている。  同市の […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も2020年3月26日 《ブラジル》コロナ禍=南、北部でも死者、計57人に=26歳で検査さえ受けず死亡の例も  【既報関連】新型コロナウイルスの感染者や死者急増で、24、25日にはブラジル北部と南部でも死者発生と24、25日付現地紙、サイトが報じた。  24日夜発表の州保健局の集計は、感染者2271人、死者47人(保健省発表では2201人と46人)だった。  感染者最多はサンパウロ […]