ホーム | 日系社会ニュース | 静岡新聞=外国人労働者「仕事が半分に」=深まるコロナ不況に心配の声

静岡新聞=外国人労働者「仕事が半分に」=深まるコロナ不況に心配の声

 在日ブラジル人労働者には、すでにコロナウイルスによる経済的停滞の影響が出始めていると静岡新聞3月21日付け電子版が報じている。
 日本のトヨタ自動車は、コロナウイルスの影響で新車需要が世界的に低迷しているため、グループ会社含む国内5工場計7ラインの操縦を、4月3日から2~9日間(稼働日ベース)停止すると発表した。このような不況の煽りを真っ先受けるのは非正規雇用の派遣社員だ。特に日本の自動車関連工場にはブラジル人を始めとする外国人労働者が多い。
 同紙によると「派遣社員エイヅカマサトシさん(57)=浜松市北区=が働く工場は稼働率が2~3割低下した。収入のあてにしていた残業がなくなり、『本当に困る。長く続くなら、ブラジルに帰ろうかな』とつぶやく。ナカイマリオさん(55)=同市中区=は県外で派遣労働に従事するブラジル人の友人から『仕事が半分になった』と聞いた。ナカイさんが働く市内の工場に影響はまだ見られないが『もし、仕事が止まったら…』と懸念する」といった事例がでている。
 こういった特定の外国人が多い地域では、コミュニティーの親睦の場として、その国の食材や料理をだす店があり、そこも派遣切りや雇い止めの影響を受けている。同紙によると、浜松市中区のブラジル料理店でも本来なら繁忙期時期の2・3月に10件以上の予約のキャンセルがあり、客足が日々遠のいている。
 浜松労働基準監督署の外国語相談窓口(ポルトガル語)にはここ1、2週間で雇い止めに関する相談が増えている。
 このままコロナ不況が深刻化すれば、リーマン・ショック時以上の外国人労働者解雇の流れにつながらないだろうかと心配する声が出始めている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》今も感染者ゼロの先住民部落=社会的隔離の効果を実証?2020年9月18日 《ブラジル》今も感染者ゼロの先住民部落=社会的隔離の効果を実証?  新型コロナウイルスの感染拡大で、ブラジルでは感染者が445万人を超え、約13万5千人が命を失ったが、今も感染者ゼロの先住民部落がある。ブラジル北部のパラー州南東部にあり、約450人が住むテコハウ部落だ。  この部落は、3千人近い感染者と94人の死者が出ているパラゴミ […]
  • 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重2020年9月18日 《サンパウロ市》10月8日から課外授業を再開=正課授業は11月3日から=教育現場からの意見を尊重  17日、ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、サンパウロ市の学校での対面授業再開に関する会見を開いた。当初予定していた10月7日からは課外授業のみを再開し、正式な授業(正課授業)の再開は11月からとした。17日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジルでは新型コ […]
  • リベルダーデ東洋市、再開へ=早ければ今週末にも開始か=非東洋品禁止法案で物議2020年9月18日 リベルダーデ東洋市、再開へ=早ければ今週末にも開始か=非東洋品禁止法案で物議  聖市のリベルダーデ駅前で毎週末に開催され、「フェイリーニャ・ダ・リベルダーデ」の名で親しまれていた東洋市。クアレンテ開始以来、ずっと未開催だったが、今月から関係者の会議が本格化し、再開の兆しを見せている。当初は先週末(12、13日)再開という話もあったが流れ、早ければ […]
  • 特別寄稿=菅内閣誕生で川合昭の出番だ=アチバイア 中沢宏一2020年9月18日 特別寄稿=菅内閣誕生で川合昭の出番だ=アチバイア 中沢宏一  安倍首相が引退され、その後継者として菅義偉氏が第99代総理大臣に選ばれました。選挙区は横浜ですが、出身は秋田県南部湯沢市雄勝です。安倍政権を7年8カ月間、官房長官として支えてきました。その実績を評価され岸田、石破両候補に大差をつけての圧倒的な支持を得ての当選です。その […]
  • 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?2020年9月18日 人マチ点描=200レアルもう見ましたか?  今月から市中に出回り始めた200レアル札。注目の裏面図柄には「タテガミオオカミ」(lobo-guará)が採用されている。「絶滅危惧種」ではないが、南米のみに生息する貴重な野生動物。ブラジル中部および東部を中心に、アルゼンチン北部、パラグアイ、ボリビア東部にも。ただし […]