ホーム | ブラジル国内ニュース | ブラジル大統領、コロナのリスクを軽視=日本の花見動画を投稿

ブラジル大統領、コロナのリスクを軽視=日本の花見動画を投稿

ブラジル大統領のツイッターで拡散された動画より(twitter @jairbolsonaroより)

 ブラジルでは、新型コロナウイルスの感染者数が2400人を超え、死者も60人に届く勢いで増えているのに、ボウソナロ大統領がコロナウイルスへの危機感をほとんど見せていない。
 むしろ、国民の危機意識を喚起している保健大臣や、国の指示を待たずに独自で外出自粛条例や学校の閉鎖措置を出している各州知事らに、「経済を止めるな」と発言し、対立している。
 大統領は、24日夜に政見放送を行い、「一握りの知事や市長たちが交通機関を止め、商店の閉鎖、大量隔離を進めている」「犠牲になっているのはほとんどが60歳以上で、40歳以下の死者はごくわずかなのに、どうして学校を閉鎖する意味がある?」「コロナウイルスといっても、感染者の90%は無症状。軽い風邪に過ぎないのに、マスコミが重病であるかのように煽っている」と従来の主張を繰り返した。
 ボウソナロ大統領は、同日午後9時11分には、自分の公式ツイッター(@jairbolsonaro)に、「これが日本のウイルス。隔離政策を続ければ、ウイルスだけでなく、混乱が我が国を襲う」と投稿した。
 この投稿では、日系ブラジル人と思われる男性が、花見客でごった返す公園を歩きながら、「今は3月22日。コロナウイルスのせいで日本はパニックになっているかな。では、人々がパニックになっている様子をご覧ください。なーんちゃって。ここではすべてが順調です。誰もパニックなど起こしていませんし、お店も工場も普通に稼働中。ちょっと学校が休みになっているだけ。日本政府も非常事態宣言など出していませーん」と語る動画が見られるようになっている。
 ブラジルでは、ボウソナロ大統領の姿勢は大いに批判されているが、奇しくもそのボウソナロ大統領が「コロナなんて怖くない」との自説を裏付けるために持ちだしたのは日本の事例だった。
 東京五輪の延期や、東京都が25日に感染者拡大で外出自粛を打ち出した事を、ボウソナロ大統領がどのように受け止めたかは、ブラジリア時間の25日夕刻の時点では、何も表明されていない。

image_print

こちらの記事もどうぞ