ホーム | 日系社会ニュース | 希望の家がサンパウロ市事務所の業務を一時休止

希望の家がサンパウロ市事務所の業務を一時休止

 重度知的障害者が入居する福祉施設「希望の家福祉協会」は、現在蔓延している新型コロナウイルス感染拡大防止の対策として、サンパウロ市の事務所の業務を一時的に休止すること発表した。
 同福祉施設自体の介護サービスは通常通り行う。サンパウロ事務所が休止する間の問い合わせなどの窓口業務は、メール(contato@kibonoie.org.br)や電話(11・4648・1515)で対応するとのこと。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 在サンパウロ日本国総領事館=窓口業務制限のお知らせ2020年3月25日 在サンパウロ日本国総領事館=窓口業務制限のお知らせ  在サンパウロ日本国総領事館は、コロナウイルス拡散防止対策として窓口業務の制限を3月26日から行うと発表した。  今後は新型コロナウイルス感染状況や、ブラジル政府、サンパウロ州・市政府の対応などを踏まえ、本制限の解除や変更について随時検討を行う予定だ。  同総領事館窓口は今 […]
  • CIATE、一時閉鎖2020年3月24日 CIATE、一時閉鎖  「国外就労者情報援護センター(CIATE)(二宮正人理事長)は3月24日から4月7日までの間、事務局を一時閉鎖し、相談業務を中止する。  新型コロナウイルス感染症対策強化サンパウロ州知事命令及び、高齢の年金相談者と事務職員への感染を防ぐ為の措置。  再開時期は未定。問い合 […]
  • 【読者レポート】ウイルス“戒厳令下”の生活=サンパウロ市在住 遠藤永観2020年3月28日 【読者レポート】ウイルス“戒厳令下”の生活=サンパウロ市在住 遠藤永観  世界中が戦々恐々としているウィルス。中国から始まったが、その後、どこから感染したか分からないケースがでてきているという。  22日のNHKテレビではその謎が解けたようだ。日本の高感度カメラがくしゃみをした時の飛沫の状態をとらえた。普通飛沫というと瞬間に飛んでやがて落 […]
  • ジャパンハウスに新館長就任=経験豊富なエリック・クルッグ氏2020年3月28日 ジャパンハウスに新館長就任=経験豊富なエリック・クルッグ氏  サンパウロ市のジャパンハウス(JH)は26日、新館長としてエリック・アレシャンドレ・クルッグ氏が4月1日付けで就任することを発表した。  同事務局は3月31日をもって退任するマルセロ・マトス・アラウージョ館長の多大なる尽力に対して感謝を述べる文書を発表する一方、新館 […]
  • ■訃報■宗像直美さんコロナで病死=サンパウロ州立交響楽団合唱団の指揮者2020年3月27日 ■訃報■宗像直美さんコロナで病死=サンパウロ州立交響楽団合唱団の指揮者  サンパウロ州立交響楽団(OSESP)合唱部などの指揮者、指導者として活躍してきた宗像(むなかた)直美さんが26日正午ごろ、サンパウロ市のオズワルド・クルス病院でコロナウイルス感染症が悪化して亡くなった。享年64。16日から入院し、19日に検査結果が陽性だと判明していた […]