ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》情報公開法関連の暫定令は一時停止=最高裁デ・モラエス判事が命令=「行政の透明性は常に重要」と語る

《ブラジル》情報公開法関連の暫定令は一時停止=最高裁デ・モラエス判事が命令=「行政の透明性は常に重要」と語る

アレシャンドレ・デ・モラエス判事(Fabio Rodrigues Pozzebom/Ag. Brasil)

 【既報関連】連邦最高裁(STF)のアレシャンドレ・デ・モラエス判事は26日、「情報公開法の規則を変更する暫定令(MP)」の一部を差し止める命令を下した。ブラジル弁護士会(OAB)全国評議委員会からの要望に応じた格好だ。
 MPの差し止めは、STF大法廷で審理し、結論が出るまで有効だ。
 2011年に承認された情報公開法は、「公益にかなうならば、いかなる市民も公的機関に対して情報の開示を要求し、それを受け取ることが出来る」と書かれていた連邦憲法の運用規定を定めたものだ。
 ボルソナロ大統領は23日、「コロナウイルス災禍のせいで外出自粛措置などの対象となり、在宅勤務などを行っている公務員や公的機関に関しては、情報公開請求に応じる期日を撤廃する」としたMPを出していた。
 同MPに対しては、「汚職や腐敗を助長する可能性がある」と、各所から批判の声が高まっていたが、MPの性質上、即日発効で、議会の承認はその後で良かった。
 デ・モラエス判事の決定により、期日撤廃に関する項目の発効は大法廷での結論待ちとなり、情報開示までの期日は現行法通りとなる。
 同判事の判断基準は、「行政の透明性は、損なわれてはならず、それはコロナウイルス災禍により、行政の負担が増している時期も例外ではない」というものだ。
 MPには日系三世のキム・カタギリ下議(民主党・DEM)や、政党の持続ネットワークも反対していた。また、ロドリゴ・マイア下院議長(DEM)も議会で否決する意思を見せていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]