ホーム | ブラジル国内ニュース | コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに

コロナ=サンベルナルド市長が入院=45歳のモランド氏UTIに

 サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのオルランド・モランド市長(民主社会党・PSDB)が新型コロナウイルスに感染した上、体調が悪化して集中治療室(UTI)に入院したことが明らかになった。29日付現地サイトが報じている。 
 サンベルナルド市役所によると、モランド市長の入院は、29日に自宅を訪れた担当医の判断で決まったという。担当医によると、血中酸素量が著しく落ちていたため、最悪の事態になる前に、サンカエターノ・ド・スル市のUTIに入院させることに決めたという。 
 モランド氏の発症は23日で、24日に感染症との診断が出たため、自宅隔離を行っていた。コロナウイルスに感染したことは、市長自身が、25日に出た検査結果を見せながら、動画で明らかにしたが、その際もかなり咳き込んでおり、話題となっていた。 
 また、市長夫人でサンパウロ州議員でもあるカルラ・モランド氏も、検査で陽性反応が出たことを明かしている。 
 モランド市長は45歳で、ハイリスクグループには入っていなかった。 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■SBグループ会長=武田興洋さん2021年2月16日 ■訃報■SBグループ会長=武田興洋さん  SBグループ会長や鹿児島県人会マナウス支部会長など務めていた武田興洋さん(たけだ・こうよう、一世、鹿児島)が4日(木)、新型コロナウイルス合併症のため、サンパウロ州サンカエターノ・ド・スル市のサンルイス病院で亡くなった。行年79歳。  武田さんは1月初旬頃新型コロナ […]
  • ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献2020年7月24日 ■セルジオ・リカルド死去■ボサノバや映画音楽に貢献  ボサノバや映画のシネマ・ノーヴォに貢献したことで知られる歌手、作曲家のセルジオ・リカルドが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。88歳だった。  1932年にサンパウロ州内陸部マリリアで生まれたセルジオは8歳から音楽を学びはじめ、1950年にリオに移り音楽活動を開 […]
  • 東西南北2020年6月9日 東西南北  ボルソナロ大統領に強い影響力を持つ極右思想家オラーヴォ・デ・カルヴァーリョ氏が7日未明に突如、大統領を批判するツイートを流した。同氏は以前から「大統領が自分を擁護してくれない」と不満を述べており、「政権を倒す」とまで書き、騒然となった。だが、同日夜には「大統領を100%信頼す […]
  • また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説2020年3月20日 また一つ生まれた、ブラジル政界の謎の伝説  先週末からのブラジル政界の展開があまりにも怒涛で、早くも忘れられがちであるが、14日午前、グスターヴォ・ベビアーノ氏が心臓発作で急死した。  死は自宅で突如襲われ、同氏の息子の眼の前で亡くなったと言うが、これをめぐり、「本当に自然死なのか」と怪しむ声が少なくなかった […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]