ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》マスクの価格差77倍?=衛生用品価格調査を実施

《ブラジル》マスクの価格差77倍?=衛生用品価格調査を実施

 ブラジル中西部ゴイアス州にある民間調査機関の科学技術品質研究所(ICTQ)が、ブラジル国内26州の州都とブラジリアを含む27市の中から18市を選び、衛生用品の価格調査を行った結果、急激な値上がりや価格格差があることが判明した。
 コロナウイルス感染への警戒が叫ばれる中、マスクや消毒用のアルコールジェルの需要は急速に高まり、価格上昇が起きている。
 18市にある540の薬局で行われた調査によると、マスク50枚入りのパックは最も安い市と最も高い市では77倍以上の価格差があり、アルコールジェルは最も安い市と最も高い市の価格差は9倍以上だった。
 ICTQのディレクター、マルクス・ヴィニシウス・アンドラーデ氏は、「市場平均をはるかに超え、需給バランスからも完全に逸脱した法外な価格で売っているところを発見した」と語る。
 50枚入りのマスクのパックの平均価格は50・25レアルだったが、アマゾナス州のマナウス市では平均値のほぼ9倍の425レアルで売られていた。同じ製品がバイーア州サルバドール市では359レアル、ペルナンブッコ州レシーフェ市では340レアルだった。リオ州リオ市では同じパックが5・49レアルで販売されているケースもあった。
 500グラム入りのアルコールジェルの場合、平均価格は21レアルだったが、パラー州ベレン市で、78レアルの値がついているケースが見つかった。この価格は、パライバ州のジョアン・ペッソーア市で見つかった7・99レアルの9・76倍だ。
 500グラム入りパックの10分の1、50グラム入りパックでは、最も高かったパラー州ベレン市では18・9レアル、最も安かったペルナンブッコ州レシーフェでは2・4レアルで、価格差は7・88倍に達した。50グラム入りパックの平均価格は7・71レアルだった。(3月31日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に2020年5月27日 ブラジルは使用継続=WHOがヒドロキシクロロキン臨床試験禁止に  【既報関連】世界保健機関(WHO)は25日、新型コロナウイルスに対するヒドロキシクロロキンの臨床試験差し止めを命じた。同薬とクロロキンは、ブラジル政府が同病の公式治療薬として承認するよう、諸方面に圧力をかけている薬剤だ。25、26日付現地紙、サイトが報じている。  WHOが […]
  • 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か2020年5月23日 《ブラジル》医療従事者から先住民にコロナ感染拡大か  アマゾナス州内陸部のサンガブリエル・ダ・カショエイラ市(SC)で、先住民の間にコロナ感染者急増中と22日付現地サイトが報じた。  同州内陸部にはコロナウイルスへの感染率や死亡率が高い市が集中している。中でもSCは10万人あたりの感染者発生率が999に達し、少なくとも15人が […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • 《ブラジル》大学入学試験日程を延期か=大統領が示唆2020年5月15日 《ブラジル》大学入学試験日程を延期か=大統領が示唆  新型コロナウイルスの影響で、今年の国家高等教育試験(ENEM)がいつ開催されるか注目される中、ボウソナロ大統領が延期を示唆したと13、14日付現地紙、サイトが報じている。   ENEMは例年、11月初旬に行われている。今年はコロナウイルス感染拡大で教育現場が本来の姿で機能し […]
  • 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から2020年5月16日 《ブラジル》コロナ緊急援助金=2回目支払いは18日から  生活扶助(ボウサ・ファミリア、BF)受給者や零細企業家、非正規雇用者らを対象とする、新型コロナウイルスに伴う緊急援助金の2回目支払いが18日からはじまる。15日付現地紙サイトが報じている。   支払い予定日などのスケジュールは、連邦政府が15日付官報で明らかにした。    […]