ホーム | 日系社会ニュース | 『知っておきたい日本の歴史』=無料配布を再開、電話を

『知っておきたい日本の歴史』=無料配布を再開、電話を

 ブラジル日本会議の元会長の徳力啓三さん(79、三重県)は『知っておきたい日本の歴史』を刊行して無料配布していたが、大好評ですぐに在庫がなくなった。そのため急きょ100冊を増刷し、再び無料配布は始めると表明した。
 同冊子はわずか146ページながら、旧石器時代から東日本大震災までがコンパクトにまとめられている。しかも、これを読めば、日本が誇る精神的な伝統『和』の成り立ちが歴史的に分かるという一冊だ。
 読みたい方は、徳力さんまで直接に連絡(keizo.tokuriki@gmail.com 電話=11・3981・1648)を。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道2020年4月30日 コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道  リーマンショックの悪夢再来か――。新型コロナ災禍の影響により、日本でも休業や倒産する会社が増える中、恐れていた外国人労働者派遣切りが増えてきたと日本の新聞が報じている。  車の需要が落ち込み、日本の自動車メーカー8社すべてが大型連休(4月26日から5月10日まで)をまたいで […]
  • 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ2020年4月9日 帰国予定者は早めの出国を=在サンパウロ総領事館が呼びかけ  新型コロナウイルスの影響により、ブラジル政府が全世界からの入国禁止処置を講じ、日本国政府もブラジルへの渡航中止勧告を出した。  その関係で、ブラジル日本間を行き来する航空便の減便・休便が目立ってきている。  その事態を受け、在サンパウロ日本国総領事館(野口泰)は、帰国する […]
  • 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務2020年4月16日 出雲市=村田製作所でコロナ感染者発生=在日ブラジル人が多数勤務  島根県出雲市にある村田製作所からコロナウイルス感染者がでたことにより、3日間工場の停止、7千人が自宅待機することが日本経済新聞4月14日付け電子版で報道された。同製作所には昨年8月時点で、少なくとも1千人規模の在日ブラジル人労働者が働いていたと報じられている。  日経紙によ […]
  • 在サンパウロ総領事館が4月1日から手数料改定2020年4月4日 在サンパウロ総領事館が4月1日から手数料改定  在サンパウロ日本国総領事館(野口泰在聖総領事)は4月1日からの領事・旅券手数料を改定した。括弧内記載は旧手数料。単位はレアル。  【旅券関係】▼一般旅券10年用=571(516)レ▼一般旅券・5年用=393(355)レ▼一般旅券12歳未満の発給・その他一般旅券(限定・記載変 […]
  • アルゼンチンのコロナウイルス=隔離から今日までの動向2020年4月7日 アルゼンチンのコロナウイルス=隔離から今日までの動向 【らぷらた報知4月2日付】128人が新型コロナの感染者となり、国では、国内での症例の増加の可能性による人々の移動を防ぐために、アルゼンチン政府は、外出禁止令を発動しパンデミアの防止または伝染速度を出来るだけ遅くし医療崩壊を防ぐ為、懸命に動いている。  【3月3日】第1日、アル […]