ホーム | 日系社会ニュース | ラランジャお話会=工夫満載の絵本読み聞かせ=パネル劇へ子供が夢中に

ラランジャお話会=工夫満載の絵本読み聞かせ=パネル劇へ子供が夢中に

パネル劇『マトリョーシカちゃん』の様子

 絵本の読み聞かせイベント『ラランジャお話会』が3月8日、聖市の三和学院で行われた。今回で14回目の開催。同会は駐在員夫人らがボランティアで運営。絵本を元にしたパネル劇が子供らに人気だ。話の展開にあわせてヴァイオリンやピアノを生演奏するなどの工夫をこらし、参加した30人の子どもらを物語の世界に引き込んだ。

 今回のイベントでは、絵本『きょだいなきょだいな』、『はなさかじいさん』の読み聞かせ、パネルシアター『マトリョーシカちゃん』、『うれしいひなまつり』、パネル寄席『はなさかじいさん』の実演、童謡『ひなまつり』の合唱が行われた。
 来場した上田さん一家は今回で5回目の参加。息子の秦太郎くん(3)は家でも絵本を読むのが好きで、お話会の開催をいつも心待ちにしているという。感想を聞くと「はなさかじいさんの悪い方のお爺さん嫌い」と物語にしっかりと感情移入できた様子。
 また、三人の娘と参加した吉井沙緒里さんは「子ども達を飽きさせずに夢中にさせて凄い。絵本をきっかけに日本の行事や文化などを学ばせてもらっている」とイベントを運営するボランティアらに感謝した。
 ラランジャお話会は2018年に1回目を開催。メンバーの廣重希夢さんは米国や日本でも読み聞かせ活動を行った経験があり、「会を一緒に運営するメンバーには皆それぞれに得意なことがあって、それを上手に組み合わせていくと、読み聞かせの表現がどんどんと良いものになっていく。それを観た子ども達が物語に夢中になり、喜んでくれている姿を見るととてもやりがいを感じます」と語り、「会場を無償で提供してくれている三和学院や協力してくれる皆さんには本当に感謝しています」と述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • まだ続くコロナ禍の延期=文協桜祭りと沖縄祭りも2020年5月8日 まだ続くコロナ禍の延期=文協桜祭りと沖縄祭りも  まだ終息の兆しが見えないコロナ禍は、日系社会の伝統ある祭りにも影響を及ぼし、次々と開催が来年へ延期されている。今回延期が明らかになったのは、ブラジル文化福祉協会(石川レナト会長)がサンパウロ州サンロッケ市で7月4日、5日、10日、11日に開催を予定していた『第24回文 […]