fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 昨日、日系人の友人から1件のボイスメッセージが送られてきた。聞いてみると、クアレンテーナ(検疫)の影響で外出する人が少なくなったため、セントロ周辺の薬物中毒者が強盗や物乞いをできずに腹をすかせており、集団強盗しているといった内容だった。友人曰く、「そのうちセントロからでて、他の地域まで強盗をしにくるかも」とのこと。このニュースはその後、フェイク(虚報)だったと否定されたが、いつそうなってもおかしく状況ではある。以前も軍警が薬物中毒者集団を蹴散らした時、一気にリベルダーデなどの周辺部に広がって逃げてきた。そうなると周辺部の治安が悪くなる。ただでさえコロナ感染が怖くて外出できないのに、治安まで悪くなったら、泣きっ面に蜂。セントロの麻薬中毒者集団は普段から不安定な人達だが、今はさらにデリケートな時期。不必要な混乱を招くような刺激を彼らに加えないように、治安当局にはお願いしたいところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾2020年10月28日 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾  最高裁が新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に義務化させるか否かの審理を行う意向で、現状では大半の判事が義務化を支持しているという。27日付現地紙が報じている。  新型コロナウイルスに対する予防接種を義務化するか否かの議論は、今月16日にジョアン・ドリア・サンパウ […]
  • 《ブラジル》モウロン副大統領=アマゾンへの軍派遣を延長=不法伐採などの犯罪撲滅へ2020年10月28日 《ブラジル》モウロン副大統領=アマゾンへの軍派遣を延長=不法伐採などの犯罪撲滅へ  モウロン副大統領が26日、法定アマゾンでの環境犯罪撲滅を目指す「ブラジル緑作戦第2弾」を来年4月まで延長する意向を表明したと26日付現地紙サイトが報じた。  緑作戦第2弾は法定アマゾンでの不法伐採などを監視・撲滅するためのもの。5月に発表されたが、予算解放の遅れなど […]
  • 《リオ市》伝統ある有名病院で火災=コロナ入院患者が1人死亡2020年10月28日 《リオ市》伝統ある有名病院で火災=コロナ入院患者が1人死亡  27日午前、リオ市北部のボンスセッソ連邦総合病院で火災が発生し、1人が死亡、約200人が避難する事態となった。27日付現地サイトが報じている。  火災は27日午前9時40分頃、リオ北部にあるボンスセッソ病院の第1病棟で起こった。27日午後3時の段階では火災の原因その […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • 特別寄稿=中曽根先生を偲ぶ~晩年の言葉=東京在住 田中 茂(元参議院議員)2020年10月28日 特別寄稿=中曽根先生を偲ぶ~晩年の言葉=東京在住 田中 茂(元参議院議員)  中曽根康弘先生が空の彼方の故郷へ帰られて、1年が過ぎようとしています。この間、世界は新型コロナウイルスの猛威に襲われ、これまで築き上げてきた豊かな社会生活が一変する事態となりました。  日本では感染状況がやや落ち着いてきたこともあり、先生の内閣・自由民主党合同葬儀が […]