fbpx
ホーム | コラム | 樹海 | 逆効果な専門家の未来観測「外出自粛は2022年まで」

逆効果な専門家の未来観測「外出自粛は2022年まで」

隔離政策下のサンパウロ市内(govesp)

 このところ米ハーバード大学の医療専門家などが、新型コロナウイルスや外出自粛に関して以下のような観測を出している。「ワクチンの開発には早くて1年半かかる」「2021年秋までコンサートは開けない」「社会的隔離生活は2022年まで続く」。
 こうした報道は、コロナの強さを示すために研究者や報道する側は伝えたいという意図があるのかもしれない。ただ、少なくともコラム子はこういう研究発表やその報道に対して強い違和感を感じているし、ツイッターなどでこれらの話題に関して見てみても「そんなに長くは我慢できない」「気が狂いそう」などの言葉も見る。

 これはコラム子も懸念していたことなのだが、「専門家の言うことがなんだというのか」「どうせみんないつかは死ぬのだから楽しいほうがいい」などの声も出てきている。「そうか。それまで頑張ろう」と言った反応は目にしていない。
 補足しておくと、これらの言葉は欧米の言語で見たもので、隔離が何なのかも今ひとつ実感しているとは思えない日本人によるものではない。
 どうしてこのような反応が起こってしまうのか。それは、コロナ禍の大きな国では、国民が「短期の対策」として隔離政策を受け止めているからだ。ブラジルの場合も含め、この政策を実施中の国民から、その間の経済面での不満の声も、少なくとも開始当初にほとんど上がっていなかったのも、そのためだろう。
 だが、そこは所詮、人間。ブラジルでは実施から2週間もすれば人々の外出も目立つようになった。それは何もブラジルに限ったことではなく、イタリアでもスペインでも、外出禁止や自粛実施国から普通に報じられる話だ。
 そして、このタイミングでトランプ大統領がWHO(世界保健機構)の方針を無視しはじめ、同機構の資金援助を差し止めるなどと言い出したり、ボルソナロ大統領が隔離解除を訴えてジョアン・ドリアサンパウロ州知事への抗議デモが起きたり、こういう主張がある程度の支持を受けるようになってきているのも、この「隔離疲れ」のタイミングを利用されているような気がする。
 世の中には2、3週間で我慢の限界に達している人もいる。我慢はしているものの、心の奥底では「早く終わらないかな」と思っている人も多いはず。
 そのタイミングで、「2022年まで続く」のような気の遠くなる研究成果を今、発表して、果たして建設的な意味があるのだろうか。
 まるでマラソンの30キロすぎで、一番息も絶え絶えで苦しいタイミングで、「休まずに、今までの3倍分走れ」と言われているようなものだ。
 現在は、世界各国に、コロナ情報の専門サイトで各国での感染、死者の数をチェックしている人も少なくない。ここ最近では、最も注目されている「進行中の感染者グラフ」で、ポイントとされる「感染者数下降カーブ」にスペインやイタリアが差し掛かりつつあり、「とりあえず下がりつづければ数カ月後には」とポジティヴに考え、隔離をしっかり守ろうと心がけている人もいる。前述の未来観測は、そうした人の希望も憂鬱にさせかねない。
 コラム子も前から感じていたのだが、WHOや専門家の発表は、「身体」のことは考えていても、実生活について今ひとつ考えられていない印象があった。
 コラム子の場合は、「経済」よりもむしろ「メンタル・ヘルス(精神衛生)」が軽視されているように感じていた。誰もが機械のように我慢できるわけではない。それが大人だけでなく、子供もいるのだから、なおさらだ。
 「2022年まで続く」のような発表を行うとすれば、せめて現在の感染爆発がいったん収束するであろう6月か7月に、いったん隔離を解いた後に「第二波に気をつけろ」と警鐘を鳴らす時にやるべきだと思うのだが。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]
  • サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス2020年10月10日 サンパウロ市市長選=今後の鍵握る選挙放送開始=持ち時間豊富なコーヴァス=ルッソマノは逃げ切り狙い=ネットで巻き返すかボウロス  9日、全国で市長選の選挙放送が始まった。投票日の3日前まで毎日テレビとラジオで放送される、投票者への影響力が強い放送の開始で、選挙戦がどう変わっていくかが注目されている。9日付現地紙が報じている。  選挙放送は、9日から11月12日まで続けられる。放送が行われるのは […]
  • 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に2020年10月8日 《サンパウロ市市長選》テレビ討論会相次ぎ中止に=ルッソマノ候補に有利な展開に  サンパウロ市市長選に伴う恒例のテレビ候補者討論会が続々にキャンセルされており、支持率1位のセルソ・ルッソマノ候補(共和者・RP)以外の候補者を苛立たせていると、7日付現地紙が報じている。  討論会のキャンセルは、9月28日にSBT局がコロナ禍を理由にキャンセルと発表 […]