fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ピエトロ君、無事に退院=コロナで母は亡くなるも

《ブラジル》ピエトロ君、無事に退院=コロナで母は亡くなるも

ピエトロ君の退院を祝う病院関係者達(Ascom)

 ブラジル北部パラー州ベレン市で22日夜、本当に小さな、でも、とても大きな勝利者が退院許可を受けた。
 ガスパル・ヴィアナ・クリニカス病院から退院したのは、生後23日のピエトロ君だ。ピエトロ君は3月30日、妊娠34週で生まれ、23日間を、新生児用の集中治療室で過ごした。
 ピエトロ君の母親は心臓疾患を持っており、9年前にガスパル・ヴィアナ病院で心臓の弁を交換する手術も受けていた。
 自分がハイリスクなグループに属する事を知っていた母親は細心の注意を払っていたが、発熱と呼吸困難を起こし、3月30日に同病院に運ばれた。母親の病状は重く、胎児を救うため、緊急の帝王切開が行われた。

 こうして誕生したのがピエトロ君だったが、ピエトロ君は生まれた直後に蘇生術を施す必要があり、そのまま新生児用新集中治療室に運ばれた。
 一方、母親がコロナウイルスに感染していた事は4月2日に明らかになり、別の病院で治療を受ける事になったが、治療の甲斐もなく、症状が悪化。4月11日に帰らぬ人となった。
 失意に暮れつつも、5歳の娘と共にピエトロ君の退院を待っていた父親は、22日夜、後遺症もなく、吸いつく力も強い赤ん坊を、看護婦達の手から受け取った。
 同州のエウデル・バルバーリョ知事はピエトロ君の退院を喜び、母親とピエトロ君の世話をした医療スタッフ達に、神の加護を祈ると共に、感謝と称賛の思いを込めたメッセージを贈った。また、妻また母を失ったピエトロ君の家族にも、心からの弔意を表した。(22日付G1サイトより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾2020年10月28日 《ブラジル》コロナワクチン義務化巡って最高裁で審理へ=大統領対ドリア知事の対決の側面も=目立つ大統領側言動の矛盾  最高裁が新型コロナウイルスのワクチン接種を国民に義務化させるか否かの審理を行う意向で、現状では大半の判事が義務化を支持しているという。27日付現地紙が報じている。  新型コロナウイルスに対する予防接種を義務化するか否かの議論は、今月16日にジョアン・ドリア・サンパウ […]
  • 《ブラジル》モウロン副大統領=アマゾンへの軍派遣を延長=不法伐採などの犯罪撲滅へ2020年10月28日 《ブラジル》モウロン副大統領=アマゾンへの軍派遣を延長=不法伐採などの犯罪撲滅へ  モウロン副大統領が26日、法定アマゾンでの環境犯罪撲滅を目指す「ブラジル緑作戦第2弾」を来年4月まで延長する意向を表明したと26日付現地紙サイトが報じた。  緑作戦第2弾は法定アマゾンでの不法伐採などを監視・撲滅するためのもの。5月に発表されたが、予算解放の遅れなど […]
  • 《リオ市》伝統ある有名病院で火災=コロナ入院患者が1人死亡2020年10月28日 《リオ市》伝統ある有名病院で火災=コロナ入院患者が1人死亡  27日午前、リオ市北部のボンスセッソ連邦総合病院で火災が発生し、1人が死亡、約200人が避難する事態となった。27日付現地サイトが報じている。  火災は27日午前9時40分頃、リオ北部にあるボンスセッソ病院の第1病棟で起こった。27日午後3時の段階では火災の原因その […]
  • 東西南北2020年10月28日 東西南北  サッカーのリベルタドーレス杯決勝トーナメントの組み合わせが24日に発表された。ブラジル勢は16チーム中6チームを占めているが、今年はベスト16の試合でつぶし合うことがなく、6チーム共、他国のチームと戦う。だが偏りはあり、一方の山にグレミオ、サントス、フラメンゴ、インテルナシオ […]
  • 特別寄稿=中曽根先生を偲ぶ~晩年の言葉=東京在住 田中 茂(元参議院議員)2020年10月28日 特別寄稿=中曽根先生を偲ぶ~晩年の言葉=東京在住 田中 茂(元参議院議員)  中曽根康弘先生が空の彼方の故郷へ帰られて、1年が過ぎようとしています。この間、世界は新型コロナウイルスの猛威に襲われ、これまで築き上げてきた豊かな社会生活が一変する事態となりました。  日本では感染状況がやや落ち着いてきたこともあり、先生の内閣・自由民主党合同葬儀が […]