ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日の電撃辞任以来、セルジオ・モロ前法相、ボルソナロ大統領の両支持者が「国民の期待を裏切った」と、ネット上で互いを中傷し合うことを繰り返している。それは、モロ氏が辞任会見で言及したボルソナロ氏による連邦警察への介入などの捜査を最高裁が認めたことでさらに過熱化しそうだ。ダッタフォーリャの最新の調査だと、「モロ氏と大統領のどちらが真実を語っているか」で、大統領の20%に対しモロ氏が52%、「大統領は介入したと思うか」の問いには、56%が「したと思う」と答え、「そう思わない」の28%の2倍を記録した。世間の目は大統領に厳しいが、果たしてこれからどうなるか。
     ◎
 サンパウロ市が27日に発表した、3月8日~4月24日の新型コロナウイルスによる死者と感染が疑われる死者の地区別集計のトップは、ブラジランジア(北部)で81人。以下、サポペンバ(東部)77人、サンマテウス(東部)58人、シダーデ・チラデンテス(東部)51人、カショエイリーニャ(北部)とサコマン(南部)が50人で続いている。17日までのブラジランジアでの死者は54人だったから、1週間で50%増えた。
     ◎
 積み重なった自身の問題で罷免請求も相次いでいるボルソナロ大統領。コロナの死者、感染者も中国を抜き、ワースト10入り目前まで行っているが、その矢先の27日、大統領はサッカーの公式戦再開について意欲的な発言を行った。どこの国もまだ、試合再開にはほど遠いと判断している最中だ。自粛解除を行うならば、もっと優先すべきものがあるのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか?2021年6月1日 《記者コラム》ブラジルはゴッサムシティになったか? 法王のピアーダにムカッ!とするインテリ  《バットマンが新シリーズで犯罪撲滅にサンパウロへ来ることが確認された》という5月27日付LegadodaDCサイトの記事(https://legadodadc.com.br/batman-vem-combater-o-cr […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月22日 東西南北  20日に行われた女子ビーチバレーの大会で3位に入った2人組のチームのひとり、カロル・ソルベルグがインタビュー中に突然、「フォラ(やめろ)、ボルソナロ」と大統領を批判する発言を行い、話題となった。ブラジル・バレーボール連盟(CBV)は、この発言に強い不快感を示した。同連盟は、公 […]