fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》「いつの世も拷問ある」=レジーナ文化局長が軍政称賛

《ブラジル》「いつの世も拷問ある」=レジーナ文化局長が軍政称賛

 レジーナ・ドゥアルテ連邦政府文化特別局長が7日、テレビのインタビューで軍政賛歌を歌った上、「拷問なんていつでも起きている」と発言し、騒動となった。7、8日付現地紙サイトが報じている。
 レジーナ氏は7日、CNNブラジル局の番組に生出演した。
 番組はレジーナ氏の文化局長続行を確認するためのものだった。だが、ボルソナロ大統領への支持を語った後、1970年のサッカーW杯の際に歌われて有名になった軍政賛歌「前進せよ、ブラジル」を口ずさみ始めた。
 「この歌が流行った頃はよかったわよね」とまで言うのを聞いて戸惑った司会者が、視聴者に気を遣い、「国民の中にはこの時代に拷問を受けて亡くなった人の遺族もいる」と軍政の話題に切り替えたが、それを聞いたレジーナ氏は、笑みさえ浮かべ、「人生には死はつきもの。いつの時代にだって拷問は存在した」「スターリンやヒトラーの時代にも多くの人が亡くなった」と続けた。

 この発言を受け、ネット上ではレジーナ氏への批判的発言が多数上がった。レジーナ氏が人気女優だった時代に共演経験もあるジョゼ・デ・アブレウは、「かつて“ブラジルの恋人” と呼ばれた女性が、今や“ブラジルのファシスト” になった」と痛烈に批判し、話題を呼んだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年6月17日 東西南北  サンパウロ州地域医療委員会(Cremesp)が同州検察局に報告したところによると、現在、新型コロナウイルス専門施設として使用している北部のアニェンビ臨時病院には、人工呼吸器のような器具が不足し、衛生基準を満たさないインフラ上の不備があるという。同病院は今月4日に5人のサンパウ […]
  • 《ブラジル》カタールとの間はビザ不要に=昨年の合意が発効となり2020年1月18日 《ブラジル》カタールとの間はビザ不要に=昨年の合意が発効となり  14日付ブラジル連邦官報によると、昨年10月にボルソナロ大統領が中東のカタールを訪問した時にサインした、ブラジルとカタールの間のビザを免除するとの合意が発効となった。  両国市民はこれによって、観光、乗り継ぎ、商用のいずれの場合でも、最初に入国した日から12カ月以内 […]
  • 東西南北2019年12月24日 東西南北  カタールのドーハで21日に行われたサッカーのクラブW杯決勝、リヴァプール対フラメンゴは、延長戦にもつれこむ大熱戦の末、1―0でリヴァプールが優勝。フラメンゴの38年ぶり、ならびにブラジル勢、南米勢の7年ぶりの世界一はならなかった。試合そのものは互角だったが、延長戦前半にブラジ […]
  • 東西南北2019年12月21日 東西南北  今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、 […]
  • 東西南北2019年12月19日 東西南北  ボルソナロ大統領長男フラヴィオ氏の元職員で疑惑の主のファブリシオ・ケイロス氏への捜査が再開された。その一方で、最高裁は、連邦検察庁から要請が出ていた、昨年3月のマリエレ・フランコ元リオ市議殺人事件に関する証拠隠滅容疑でのボルソナロ大統領と次男カルロス氏への捜査をお蔵入りさせた […]