ホーム | 日系社会ニュース | 全員が4月までに無事帰国=JICAボランティア95人

全員が4月までに無事帰国=JICAボランティア95人

グアルーリョス国際空港で帰国するボランティア隊員を励ます佐藤洋史(ひろし)JICAブラジル事務所所長(提供写真)

グアルーリョス国際空港で帰国するボランティア隊員を励ます佐藤洋史(ひろし)JICAブラジル事務所所長(提供写真)

 国際協力機構(JICA)のブラジル事務所は、日本語教師や野球指導者、料理専門家などのJICAボランティア、95人全員の一時帰国オペレーションが完了したと発表した。12日に電話取材をしたところ、ボランティア事業企画調査員の長谷川雅之さんが取材に応じた。
 3月20日に第1陣がブラジルを出発し、23日には風邪気味の症状が見られた2人のボランティア隊員を除く93人がブラジルから出国したという。体調を崩していた2人は回復を待ってから、それぞれ29日と4月8日に帰国した。
 帰国後は全員が自主隔離を2週間行い、自宅に高齢者や妊婦や新生児がおり心配という隊員にはホテルでの待機を要請した。長谷川調査員は、「95人からはコロナウイルスの感染者は出ていません」と報告した。

大耳小耳 関連コラム
     ◎
 ボランティア一時帰国オペレーションについての説明のため、門屋篤典JICAブラジル事務所次長と長谷川雅之企画調査員が3月17日に来社した際、「遅くとも10日以内」と述べていたが、実際には、それよりかなり迅速に行われた模様。また3日間、隊員達を見送るために、佐藤所長と門屋次長が交代でグアルーリョス国際空港に出向いたとか。日本帰国後も、コロナ禍のために隊員は大変かもしれないが、任期が残っている人はぜひまた戻って来てほしいところ。また次の隊員の派遣が、いつになるか分からないのは、任地の日系団体にとっては寂しい所では。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領2021年2月27日 《ブラジル》昨年7月のピーク時より悪化=7日間平均死者数が過去最多=この期に及んでマスク否定する大統領  昨年2月26日の新型コロナの初感染者確認から丸1年。この24日には死者数が25万人の大台を超え、7日間の平均死者数が過去最多を記録して昨年のピーク時よりも明らかに酷い記録を更新中の25日、ボルソナロ大統領は今更ながらにマスク着用に否定的な発言を定例ライブで語り、メディ […]
  • 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪2021年2月27日 《ブラジル》失業率が13・9%に低下=年間平均では統計史上最悪  地理統計院(IBGE)が26日、20年第4四半期の失業率は13・9%で第3四半期の14・6%より低下したが、年間平均は13・5%で、12年の統計開始以降で最悪だったと発表したと同日付現地サイトが報じた。  18年の平均失業率は12・3%、19年は11・9%で、失業率は低下傾 […]
  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫2021年2月27日 特別寄稿=徒然の記―脳と心=コロナ禍時代の不安と悲しみ=聖市在住 上原武夫 芯からの愛の心  人間誰にも脳と心がある。真心、見せ掛けの心、欲心、悪心、様々な心がある。それを見抜くのが脳である。  先ずは親子愛の真心、どんな罪人の子でも親にとっては芯からの愛の心がある。目の中に入れても痛くないほど可愛い孫。  幼い頃からオジーオバーにす […]