ホーム | コラム | 樹海 | 公人としての良心と責任感

公人としての良心と責任感

ネウソン・タイシ保健相(Júlio Nascimento/PR)

ネウソン・タイシ保健相(Júlio Nascimento/PR)

 12日夜、ボウソナロ大統領がコロナウイルスの感染検査の結果を最高裁に提出した。訪米団員など、20人以上が感染しても陰性と言い続け、メディアから公開を求められていたものだ。
 裁判所からの提出命令に対し、「見せない権利がある」と嘯いて拒否し続けたため、最高裁に訴えられた大統領。とはいえ〃公人〃なら、職務遂行に必要な条件を有している事を示す義務もある筈だ。
 12日には、「4月22日の閣議の録画は破棄されるべきだった」「閣議はもうやらない」「13日の会合は茶話会」と言う等、〃公人〃としての良識や良心を疑う言動が続く。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?2020年5月1日 大統領選でモロ対ボウソナロの可能性は?  4月24日のセルジオ・モロ法相の突然の辞任はブラジル社会全体を揺るがした。このショックで、ボウソナロ大統領は熱狂的支持基盤を築いてきたSNSでの支持者数が万単位の人数で減少。大統領に大きなダメージまで与えている。  さらに言えば、ダッタフォーリャの世論調査で、モロ氏 […]
  • マスクをかければ大丈夫?2020年5月7日 マスクをかければ大丈夫?  ボウソナロ大統領が反隔離を叫び始めて以来、外出自粛に疲れた市民や経済的に困窮した企業家や労働者達による反隔離デモが増えた。  他方、欧米諸国ではコロナ被害がひどいが、アジアでは感染者や死者が少ないと不思議がり、理由を探る人もいる。  社会隔離策は世界中で採用されて […]
  • 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か2020年4月28日 樹海拡大版=えっ! コロナの最中に大統領罷免の動き、激動期に突入か  コロナショックがキッカケで、ブラジルが激動期に入った感じがする。  1992年末、インピーチメント(罷免)直前に辞任したコーロル元大統領(現上院議員)が先週、「この映画は見たことある」とのコメントを発したという25日付ブラジル社会面記事には納得させられた。  大統 […]
  • 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに2020年4月30日 外国人医師さえ国民を救おうとしているのに  28日夜、伯字紙記者から「新型コロナの死者が5千人を超えたが」と深刻な事態に関するコメントを求められたボウソナロ大統領は、「それで?(E […]