fbpx
ホーム | 連載 | 2020年 | 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩 | 新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(29)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩

新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(29)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩

自宅でくつろぐ下元、二カ月後に急逝

自宅でくつろぐ下元、二カ月後に急逝

急逝!

 繰り返しになるが、下元健吉は絶頂期の…その波頭の上に立っていた。
 人の運命とは不思議なもので、こういう時が危ない。
 農業展覧会から5カ月後の9月、その25日の昼食時刻、組合本部事務所三階、理事長室の隣りの応接室で発作を起こした。
 実は、これ以前から、健康の衰えや疲労はハッキリしていた。心臓に疾患があって高血圧症に侵され、自宅の湯殿で倒れたのを始め、軽いものを含めると10回くらい発作を起こしていたのである。周囲の忠告で休養したが、十分ではなかった。重要な仕事が山積していたためである。
 応接室での発作時の様子は、現場に居合わせた幾人かの記録が残っている。それによると――。
 一幹部職員は、その時、本部事務所の外で同僚と雑談をしていた。突然扉が開いて飛び出してきたある理事から「オイ、下元さんが倒れたゾ」と知らされた。
 驚いて3階まで上がり、理事長室に入ると、いやにシンと静まりかえっており、隣の応接室へ通じる扉が半開きで、そこに居た外来者たちが、部屋の中の一点を見つめていた。
 視線の先では、下元がソファーに崩れるように腰を下ろしており、苦悶の表情であった。
 また同日、取材に訪れていた邦字新聞の一記者は、サントスの漁師たちが下元を訪問していることを知り、その結果を聞こうとして待機していた。
 ところが、周囲の空気がおかしくなった。漁師たちが階段を下りてきた。その表情や態度が尋常ではなかった。
 理事や幹部職員が次々と詰めかけた。記者は3階に上がり応接室に入った。椅子に横たわった下元を見た。顔面蒼白で額に汗を流し、苦しそうだった。
 右の二人以外の記録も含めて状況をまとめると、この直前、下元は漁師たちと、日本から進出してきた大洋漁業との悶着について話していた。
 大洋の進出には、政府の許可取得に関して、コチアが協力していた。が、地元の漁師による反対運動が起きた。大洋の様な大企業に進出されては、弱小な地元漁師は潰れてしまうという理由による。
 現に、大洋が操業を始めると、サンパウロ市場で魚価の暴落が起きた。
 ために、下元が調停に入ったが、交渉は難航、経緯は曲折を経ていた。
 この日も、その件で相談中、下元が発作を起こしたのである。
 以後、下元は一時間余、蒼白の表情で全身から汗を噴き出し、嘔吐し、頭痛・のどの渇き・寒さを訴えながら「大洋はけしからん」「大洋は組合に入らにゃならん」「大熊を呼べ、話がある」と数語を発した。
 この場合の組合というのは地元漁師たちが創ったそれで、大熊というのは、この悶着の関係者であろう。
 やがて下元は「今度はヤラれた」「今度はダメだ」「皆、元気で組合をもり立ててくれ」と三度繰り返し、意識を失い、息を止めた。
 59歳であった。経営者としては、当時でも若すぎる最期だった。
 この頃、彼は死を意識していた――とする説もある。資料類をザッと散見しただけでも、次の様な記述が見つかった。
「死に物狂いで働いていた」
「何かに憑かれた様だった」(幹部職員)
「死を覚悟で働いていた」(元理事)
「死に物狂いで組合を守った」(元古参職員)
    (つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月31日 東西南北  サンパウロ市地下鉄モノレール15号線の拡張工事が先週から再開された。この線は、モノレール車両をかなり高いところで支える線路と支柱の大きさでかなり目立っていたものの、なかなか工事が進まないため、巨像のような扱いを市民からはされていた。コロナ禍もやや落ち着きはじめたことで、工事が […]
  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す2020年10月30日 《ブラジル》盗み働いた路上生活者殺害=車に縛り付け、市中引き摺り回す  ブラジル北東部マラニョン州で27日、路上生活者を車に縛り付けて引き摺り回し、死体を放棄した事件の容疑者2人が逮捕された。  同州州都サンルイス市プライア・グランデ区にある統合ターミナル前で男性の遺体が発見されたのは5月17日。その後の調査で、死亡したのは路上生活者の […]
  • 東西南北2020年10月30日 東西南北  28日、サンパウロ市と近郊地区を行き来するEMTUのバスに、抗コロナ対策車両12台がお目見えした。12台のバスはヴィアソン・オザスコ社が所有するもので、オザスコ〜サンパウロ市間で使われる。これらのバスは、シートなどに抗菌性の布のカバ―がかけられている。これらの措置には1台につ […]
  • ブラジル人選手が新記録更新=40歳で水泳の国際大会優勝2020年10月29日 ブラジル人選手が新記録更新=40歳で水泳の国際大会優勝  サンパウロ州出身の水泳選手、ニコラス・サントス(40)が27日、ハンガリーのブダペストで開催中のインターナショナルスイミングリーグ(ISL)の50メートル・バタフライで優勝し、国際大会での最年長の優勝記録を更新した。  2016年のリオ五輪のリレーで金メダル2個を獲 […]