ホーム | 連載 | 2020年 | 新日系コミュニティ構築の鍵を歴史に探る=傑物・下元健吉=その志、気骨、創造心、度胸、闘志=ジャーナリスト 外山脩 | 新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(33)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩

新日系コミュニティ構築の“鍵”を歴史の中に探る=傑物・下元健吉(33)=その志、気骨、創造心、度胸、闘志…=外山 脩

下元健吉

下元健吉

人物は底をついた!

 以上、下元健吉の生涯と事業を概観した。
 それを終えた後、強烈な光を発しつつ、筆者の心に残ったのは、その志、気骨、創造心、度胸、闘志…である。
 日系の血の継承者が、彼に学ぶものがあるとすれば、このスピリットであろう。
 話は一寸それるが、30年ほど前(1989年)、当時、南米銀行の会長であった橘富士雄が「コロニアでも日本でも、人物は底をついた」という意味の短文を、ある書物の中で書いていた。
 これを読んだ時、筆者は内心「アッ!」と思った。全く同じことを考えていたからである。他にもそう感じた読者が多かったのではあるまいか。
 橘の言わんとしたことは、筆者の解釈では、次の様な点であろう。
 「現在、日系人の中からは数多くの優秀な人材が出て、各界で活躍をしている。が、あらゆる分野で分極化、専門化が進み、競争は激化している。ために、その人材たちも自分の守備範囲だけを守るのが精一杯である。他を顧る余裕はない。結果として潤いが失われた、乾いた砂漠のような社会風土が現出しつつある。加えて人間が卑小化、小粒化している。
 指導者としての器量を備えた人物は底をついている。コロニアでも日本でもそうである」
 この橘がかつて「傑物」と評したのが下元健吉である。1987年、コチア産組60周年の折「コチアの今日あるは、まず下元健吉という傑物が居たからだ」とある雑誌の取材にコメントしている。
 下元はすでに触れた様に、終戦直後、南銀の宮坂国人に鋭すぎる一言を吐いた。その頃、南銀は再建中であり、橘は若手行員の一人であった。南銀がピニェイロスのコチア産組本部の傍に営業用の拠点を置き、橘が挨拶に行った。すると下元は罵声を浴びせたという。
 結局、コチアは南銀とは絶交状態となり、それは1994年の解散まで続いた。
 その南銀の橘ですら、下元をこう評価していたのである。やはり本物の傑物、指導者であったのだろう。
 筆者が本稿を記しているのは2019年である。下元の死から62年が過ぎている。が、毎年、その命日には組合関係物故者の慰霊祭が催されている。今年も遺族、旧職員、コチア青年らの手により執り行われた。
 組合は消えたが、下元健吉の残光は未だ消えてはいない。消えぬ間に、彼のスピリットが新日系コミュニティの構築者の間で蘇ることを期待したい。(終)
◆参考文献=『コチア産業組合30年の歩み』『農業と協同、下元健吉追悼號』『下元健吉・人と足跡』『コチア産業組合中央会60年の歩み』ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん2021年5月4日 ■訃報■ブラジル浪曲協会元会長 樋口四郎さん  「ブラジル浪曲協会」最後の会長、浪曲名人「月若(つきわか)」としてならした樋口四郎さん(福岡県)が、4月30日15時30分に聖州カンピーナス市内の自宅で亡くなった。行年85歳。1日に家族と知人のみで告別式を行い、同市内の墓地「Cemitério Parque […]
  • 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承2021年4月7日 聖南西果樹農家巡り(下)=ピエダーデの益田照夫さん=大規模化して次世代に継承  フェイラには真っ赤に熟れた柿が並んでいる。生産者の大半は日系人だ。その代表的な一人、ピエダーデ市で高品質な柿や栗などを生産する益田照夫さん(79歳・愛媛県)を取材した。  益田さんの生産物は聖市の台所、中央卸売市場「セアゼスピ」で卸売されている。柿の収穫期の現在は週 […]
  • 聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り2021年4月6日 聖南西果樹農家巡り(中)=ピニャールの山下治さん=福井村の草分け、苦労の葡萄作り  ブラジルでは夏が過ぎて実りの秋となり、葡萄の収穫期だ。コロニア・ピニャール移住地で大玉の種無しマスカットや葡萄を中心とした果樹菜園を行う山下治(おさむ)さん(85歳・福井県)を取材した。  山下さんは、同地域で畑を開いて58年。現在合計面積約27アルケール、3つの畑 […]
  • 鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」2021年3月17日 鹿児島総会=新会長に文岡正樹氏を選出=「今まで以上に団結ある会に」  ブラジル鹿児島県人会(上園モニカ会長)は2月21日9時から「鹿児島県人会定期総会」をオンライン会議アプリズーム上で開催し、役員選挙で文岡正樹氏を新会長に選んだ。当日はメンバー21人が参加。中にはパラナ州クリチバ市や、北大河州ナタール市など、聖州外からの参加者も目立った […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]