ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始

サンパウロ州=麻疹患者が1カ月で4倍に=新たに5市で予防接種開始

 サンパウロ州の麻疹(はしか)患者がわずか1カ月で303%も増え、サンパウロ大都市圏では11日から新たに5市が予防接種キャンペーンを開始と11日付G1サイトなどが報じた。
 サンパウロ州保健局が7日に発表したところによると、麻疹の真性患者(本当に感染していると確認された患者)の数は、51人から206人に増えた。
 206人の内、137人はサンパウロ市在住の患者だ。また、もう何年間も患者の発生を見ていなかった市でも患者が発生している。生後11カ月の男児が20年ぶりの真性麻疹患者である事が確認されたと、10日に発表したサンジョゼ・ドス・カンポスもその一つだ。
 サンパウロ市以外で真性患者の発生が報告されている市は20ある。大半は1~2人だが、豪華客船の乗客・乗員からも患者が出たサントス市は23人、サントアンドレ市は12人、サンベルナルド・ド・カンポ市は7人、グアルーリョス市は5人、ペドロ・デ・トレド市は3人となっている。
 これらの結果から、グアルーリョス市、オザスコ市、サンベルナルド・ド・カンポ市、サントアンドレ市、サンカエタノ・ド・スル市でも、11日から、患者の47%を占める、15~29歳の人、90万人超を対象に予防接種キャンペーンが始まった。
 サンパウロ市の場合は既に、1カ月前から予防接種キャンペーンを実施しているが、この年代の青年、若者290万人の内、1日までに予防接種を受けたのは4万7千人のみで、実施率は1・6%となっている。
 サンパウロ総合大学ブタンタン・キャンパスでは、3日に学生1人の感染が確認された上、擬似症患者も報告されており、5日に臨時の予防接種用ポストを開設した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで2019年9月10日 《ブラジル》17州で前払い型プランの携帯電話の再登録始まる=サンパウロ州の期限は11月16日まで  ブラジル国内17州で2日から、携帯電話の通話プラン、プレ・パーゴ(前払い型)の契約者の再登録が始まったと、2日付地元ニュースサイトが報じた。  再登録が始まったのは、アラゴアス、アマゾナス、アマパー、バイーア、セアラー、エスピリトサント、マラニョン、ピアウイ、リオ・グランデ […]
  • サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し2019年9月7日 サンパウロ市=6日に市内バスがスト=路線再編などに反対し  6日、サンパウロ市内のバスがストを行い、市民の足に影響が出た。6日付現地紙などが報じている。  実際には、5日午後も44のバスターミナルの内23を閉鎖するなどして、市民を戸惑わせており、その後に持たれた総会で6日にスト決行と決まった。これを受け、サンパウロ州地裁は5日夜、「 […]
  • サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結2019年9月10日 サンパウロ市がバス業者と15年契約=突然のストもこれで終結  サンパウロ市は6日、市内のバスシステムに関する長期契約をバス業者との間で締結。これで5日から続いていたバスのストも終結した。7日付現地紙が報じている。市とバス業者が結んだ契約期間は、両者が希望していた20年間ではなく、15年間となった。  サンパウロ市では2013年から、緊 […]
  • サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?2019年8月31日 サンパウロ市=麻疹の罹患状況が明らかに=最も広まっている地区は?  サンパウロ市の麻疹(はしか、サランポ)の患者の地区別データが発表され、市内のどこで真性患者や擬似症患者が多いかが明らかになった。30日付現地紙が報じている。  28日のサンパウロ州保健局の発表によると、サンパウロ市では1637人の感染が確認され、1人の死亡が報告されている。 […]
  • サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く2019年9月6日 サンパウロ州ドリア知事が性の概念に関する教科書回収=ボウソナロもそれに続く  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は4日、州立校の8年生の教科書に掲載されていた性の概念(ジェンダー・イデオロギー)に関する箇所を問題視し、教科書を回収させた。ボウソナロ大統領はそれを受け、基礎教育課程で性の概念を取り上げることを禁ずる法案作成を教育省に命じた。5日付エスター […]