ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》大統領はコロナ治療でクロロキン固執=WHO等が危険性警告するも

《ブラジル》大統領はコロナ治療でクロロキン固執=WHO等が危険性警告するも

 【既報関連】世界保健機関(WHO)がクロロキンとヒドロキシクロロキンの臨床試験を禁じた後も、ボウソナロ大統領はクロロキン使用を正式承認しようとしているのに対し、コロナ感染症のがん患者へのヒドロキシクロロキン併用が死亡リスクを高めるとの警鐘が発せられたと29日付アジェンシア・ブラジルが報じた。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》緊急援助金=ボウサ受給者以外への支給開始=新規承認者への初回支払いも2020年6月27日 《ブラジル》緊急援助金=ボウサ受給者以外への支給開始=新規承認者への初回支払いも  連邦貯蓄銀行(CAIXA)は27日から7月4日に、新型コロナウイルス対策の緊急援助金に関して、新規承認者110万人に対する初回支払いと、ボウサ・ファミリア受給者以外の人への第2~3回目の支払いを行う。26日付現地サイトが報じている。  緊急援助金の支給は4月からはじまってお […]
  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける2020年6月27日 《ブラジル》11~20年は失われた10年に=コロナ禍が景気後退決定づける  ジェツリオ・ヴァルガス財団(FGV)が26日、2011~20年のブラジルの経済は、「景気後退の10年間」で、1980年代を超える「失われた10年」となると発表した。  FGVブラジル経済研究所(Ibre)のマルセル・バラシアノ氏の試算によると、国際通貨基金(IMF)が先日発 […]
  • 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中2020年6月24日 《ブラジル》確定申告は30日まで=コロナ禍で申告期間延長中  コロナウイルスの感染拡大で経済活動などが止まった事を受け、2019年の所得に関する確定申告期間を今月30日まで延長しており、未申告者は急いで申告するよう国税庁が促している。  確定申告は通常、4月末日までに行わなければならないが、今年はコロナ禍のために申告期間が延長された。 […]
  • 《ブラジル》コロナで地方選を年内延期へ=上院承認、残るは下院2020年6月25日 《ブラジル》コロナで地方選を年内延期へ=上院承認、残るは下院  新型コロナウイルスの影響により、本来10月に行う予定だった全国の市長・市議を選ぶ地方選を、11月に延期する憲法改正法案(PEC)が23日に上院で審議され、承認された。残りは下院の承認を待つこととなる。24日付現地紙が報じている。  従来なら地方選は、10月の第1日曜日に一次 […]