ホーム | ブラジル国内ニュース | ロナルジーニョがリオに帰宅=半年振り、軟禁先パラグアイから

ロナルジーニョがリオに帰宅=半年振り、軟禁先パラグアイから

パラグアイで裁判を受けるロナルジーニョ(Fiscalia Paraguay)

 偽造パスポート疑惑でパラグアイで逮捕され、身柄を拘留されていた、かつてのサッカーのスーパースター、ロナウジーニョ。25日、兄で代理人のアシス氏と共に、自宅があるリオへ半年振りにようやく戻ってきた。 

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超2021年1月19日 《ブラジル》大学入試=コロナ禍の中で初日実施=棄権率は異例の50%超  17日、大学入試や奨学生承認にも使われ、国内で最も重要な試験のひとつである、国家高等教育試験(ENEM)が行われた。当初の実施予定日から2カ月遅れで実施されたものの、コロナ禍の影響で試験そのものが差し止められたり、試験会場で入場を断られたりした人や、参加をとりやめる受 […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • 東西南北2020年12月17日 東西南北  サンパウロ州選挙地域裁は15日、大サンパウロ市圏エンブー・ダス・アルテスの市長選で再選したネイ・サントス氏(共和者・RP)と副候補のウゴ・プラード氏(民主運動・MDB)のシャッパの当選を無効にした。これは、労働者党(PT)などをはじめとする左派政党が起こした訴えを裁判所が認め […]
  • 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める2020年12月17日 「新しい日常」適応に苦心の年=外務省研修生OB会の忘年会=オンラインでの存在感強める  日本国外務省研修生OB会(上原テリオ会長)が多難だった2020年の忘年会を4日晩、オンラインで開催した。上原ケンゾウ・パウロさんのコーディネートにより、約60人が集まった。当日は楠彰在サンパウロ首席領事、マナウス総領事館に転任になった中村玲子領事の挨拶もあり、日本滞在 […]
  • 東西南北2020年12月10日 東西南北  8日午後、サンパウロ市で強い雨が降り、各地で水害が相次いだ。16時50分の時点で市内では20カ所で冠水が起き、11の通りが通行不能となった。また、18時10分までに倒木の通報が122件も入った。被害がひどかったのは西部で、ラッパ、リモン、バラ・フンダなどで水浸しの道や大木が倒 […]