ホーム | ブラジル国内ニュース | ≪リオ≫五輪後、更に湾内の水質悪化=改善の約束は水の泡

≪リオ≫五輪後、更に湾内の水質悪化=改善の約束は水の泡

2016年オリンピックにむけてグアナバラ湾内浄化活動を行っていた(Tomaz Silva/ Agência Brasil (30/04/2014))

 2016年のリオ五輪から4年――国家環境研究所(Inea)の調査によると、競技会場にもなったグアナバラ湾の水質は、オリンピック後にかなり悪化していることが明らかになった。2019年末に行われた水質検査では、16年から比較して水質が75%悪化しているという。大会前には、五輪開催に向けた水質改善と、それを大会後に遺産として残すことなどが約束されていた。14日付けグローボが報じている。
 2016年から17年の同研究所の発表では、湾内で水質が「悪い」と分類された採取箇所の割合が湾全体のうち38%だったのに対し、2019年には水質が「悪い」と分類された割合は66・6%となり、汚染が進んだ結果となった。同湾内に流れ込む河川流域55カ所から採取した水の水質は81%が「悪い」と分類された。

 国家衛生情報システム(SNIS)によると、2018年にリオデジャネイロ州の下水の処理率は約31%で、2010年の36・5%よりむしろ下水処理率が低下している。同湾へ流れ込む河川の水域は17市町村となり、1300万人以上の生活汚水が推定で毎秒1万8000リットル流れ込んでいるという。
 下水処理率の低下は都市圏内で不法占拠区に住む人口増加に対し、衛生インフラの提供が追いついていないことが原因だという。
 グローボ紙が今年2月に情報アクセス法(LAI)を通じ得た情報によれば、過去25年間で75億レアルの公金を湾内の清掃に費やされてきたことが分っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分2021年2月23日 《記者コラム》ワクチン接種完了に4年かかる?!=高所得国で打たない分回して=世界で圧倒的に不平等な配分 保健相「年末までに全国民に接種する」  バズエロ保健相は上院の公聴会で11日、「ワクチン可能な国民の50%を6月までに、残りは年末までに接種したい」と大見得を切ったのを聞き、耳を疑った。  どういう計算をしたら、そんなことが言えるのか。「どうせ分らないだろう」と国民 […]
  • 東西南北2021年2月18日 東西南北  2月上旬は2週連続で新型コロナの感染者数が減っていたサンパウロ州。ところが、内陸部のアララクアラ市は変異株の市中感染確認で、15日から同州初のロックダウンに入った上、サンパウロ市やカンピーナス市でも変異株や市中感染を確認し、苦しい事態になっている。アララクアラではロックダウン […]
  • 《記者コラム》米大統領選と勝ち負け抗争に奇妙な共通点=ユーチューブ情報は疑ってかかれ!2021年2月9日 《記者コラム》米大統領選と勝ち負け抗争に奇妙な共通点=ユーチューブ情報は疑ってかかれ! 驚きの電話「いよいよトランプの逆襲が始まる」  バイデン米新大統領の就任式を翌日に控えた1月19日、複数の戦後移住者から「いよいよトランプの逆襲が始まるようですね。アメリカで戒厳令が発布されて、民主党のペロシ下院議長ら裏切り者が大量逮捕されたそうです」という電話が […]
  • 《ブラジル》副大統領側近がクーデター画策?=下議関係者との通話暴露2021年1月30日 《ブラジル》副大統領側近がクーデター画策?=下議関係者との通話暴露  アミルトン・モウロン副大統領は28日、下議たちにボルソナロ大統領の罷免を働きかけていた疑惑を持たれている側近の解雇を決めたと28、29日付現地紙、サイトが報じている。  モウロン副大統領の側近が複数の下院議員に大統領の罷免を持ちかけていた疑惑は、28日付のサイト「ア […]
  • 東西南北2021年1月30日 東西南北  今日30日午後5時から、リオ市マラカナンでサッカーのリベルタドーレス杯の決勝戦、パルメイラス対サントス戦が行われる。この2チームはオールド・ファンにはおなじみの老舗中の老舗チームだ。1960年代のサントスにはペレが在籍し、黄金時代を築いたが、その時代はパルメイラスの黄金期でも […]