ホーム | ブラジル国内ニュース | ≪リオ≫五輪後、更に湾内の水質悪化=改善の約束は水の泡

≪リオ≫五輪後、更に湾内の水質悪化=改善の約束は水の泡

2016年オリンピックにむけてグアナバラ湾内浄化活動を行っていた(Tomaz Silva/ Agência Brasil (30/04/2014))

 2016年のリオ五輪から4年――国家環境研究所(Inea)の調査によると、競技会場にもなったグアナバラ湾の水質は、オリンピック後にかなり悪化していることが明らかになった。2019年末に行われた水質検査では、16年から比較して水質が75%悪化しているという。大会前には、五輪開催に向けた水質改善と、それを大会後に遺産として残すことなどが約束されていた。14日付けグローボが報じている。
 2016年から17年の同研究所の発表では、湾内で水質が「悪い」と分類された採取箇所の割合が湾全体のうち38%だったのに対し、2019年には水質が「悪い」と分類された割合は66・6%となり、汚染が進んだ結果となった。同湾内に流れ込む河川流域55カ所から採取した水の水質は81%が「悪い」と分類された。

 国家衛生情報システム(SNIS)によると、2018年にリオ・デ・ジャネイロ州の下水の処理率は約31%で、2010年の36・5%よりむしろ下水処理率が低下している。同湾へ流れ込む河川の水域は17市町村となり、1300万人以上の生活汚水が推定で毎秒1万8000リットル流れ込んでいるという。
 下水処理率の低下は都市圏内で不法占拠区に住む人口増加に対し、衛生インフラの提供が追いついていないことが原因だという。
 グローボ紙が今年2月に情報アクセス法(LAI)を通じ得た情報によれば、過去25年間で75億レアルの公金を湾内の清掃に費やされてきたことが分っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》パンタナルの火災は犯罪行為?=農場からの火で保護区も焼失2020年9月23日 《ブラジル》パンタナルの火災は犯罪行為?=農場からの火で保護区も焼失  地球温暖化で、ブラジル中西部では過去50年で最悪とされる干ばつに襲われている。ただし法定アマゾンやパンタナルでの森林火災が例年より多いのは干ばつや高温だけが原因ではなく、人間の手も加わっている。  20日放送のグローボ局番組ファンタスチコで放送され、連警が捜査中のパ […]
  • 高等裁=大統領長男の訴えを無期延期に=職員給与不正着服捜査の打切り嘆願2020年9月16日 高等裁=大統領長男の訴えを無期延期に=職員給与不正着服捜査の打切り嘆願  連邦高等裁判所第5小法廷は15日、大統領長男フラヴィオ・ボウソナロ上議に関するラシャジーニャ疑惑の捜査差し止め審理を、無期延期することを決めた。同日付現地サイトが報じている。  ラシャジーニャ疑惑は、フラヴィオ氏がリオ州議だった2003年から18年にかけて行われたと […]
  • 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか2020年9月11日 反大統領派の看板キャスター解雇! ついに検閲の前触れか  8日、国内で2、3番手の視聴率のテレビ局SBTは、女性看板キャスターのラケル・シェヘラザーデの解雇を発表した。これに対し「ついにボウソナロ政権による検閲行為、開始か?」と見る向きが少なくない。  その前触れがないわけではなかった。SBT社主は、一介のフェイランテから […]
  • ブラジル大統領=独立記念日演説で物議=マスクなしに軍政擁護2020年9月9日 ブラジル大統領=独立記念日演説で物議=マスクなしに軍政擁護  独立記念日の7日、ボウソナロ大統領は、マスクをしないまま記念式典に参加した上、スピーチで軍事政権を擁護するなどして物議を醸した。8日付現地紙が報じている。  独立記念日の式典は、ブラジリアのアルヴォラーダ宮で行われた。この日のイベントは例年、三権広場で盛大に行われて […]
  • 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に2020年9月3日 《ブラジル》コリンチャンス創立110周年=スタジアムの命名権売却=「ネオ・キミカ・アレーナ」に  コリンチャンスのホームスタジアム、通称「イタケロン」が、2040年までの20年間「ネオ・キミカ・アレーナ」と呼ばれる事になった。サンパウロ市東部にあり、2014年W杯の開会式と開幕戦にも使われた。  コリンチャンスは1日に創立110周年を迎えたサッカーの名門チーム。 […]