ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=パライゾポリスで追悼式=9人圧死の事故から1週間

サンパウロ市=パライゾポリスで追悼式=9人圧死の事故から1週間

 1日未明にサンパウロ市南部パライゾポリスでファンキのパーティ中に起きた若者9人の圧死事故から1週間経った7~8日、同地で追悼のミサとイベントが行われ、亡くなった若者たちを改めて弔った。8日付現地サイトが報じている。
 初七日のミサはサンジョゼ小教区の教会前で行われた。教会の外には祭壇が設けられ、何百人もの住民が白い服を着て参加。ミサでは平和を願う白い風船が放たれ、サンパウロ市議のエドゥアルド・スプリシー氏らも姿を見せた。
 警備を厳重にすべく、同地区の巡回にあたる軍警の数が増やされた。また、それらの影響でジョヴァンニ・グロンキ大通りで車が渋滞する状況も生まれた。警備には無人機も使われた。
 7日の午後10時30分から8日未明にかけては、同地のファンキ・パーティの中でも屈指の規模を誇る「DZ7」が予定通りに開催された。
 今回のパーティは亡くなった若者たちへの追悼の意も込めたものだったため、教会関係の人たちも多く参加した。イベントの途中では音響を一時的に切って、黙祷のときも持たれたが、人の入りは事故後の市民のショックを反映してか、2千人程度と少な目だった。
 会場内には、前面には「パライゾポリスは平和を求める」と書き、背中に天使を描いたTシャツを着た若者たちの姿や、「貧しい人たちへの偏見はやめよう」「この戦いが終わるまでに何人の命が犠牲にされればいいのか」など、事故の原因ともなった、逃走した犯罪者を追跡した軍警の捜査のずさんさを批判するグラフィッチなどが随所に見られた。
 パーティは翌朝の午前6時まで続いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ州=IPVAの支払期日迫る=割引付と初回分割9日から2020年1月7日 サンパウロ州=IPVAの支払期日迫る=割引付と初回分割9日から  サンパウロ州では2018年から「自動車所有税」(IPVA)の支払期日の通知を郵送していない中、割引付の一括払いと、1回目の分割分の支払期日が迫っており、「車を持っている人は支払いを忘れないように」との警告が流れている。  IPVAは「3%の割引付の一括払い」「割引なしの一括 […]
  • 《サンパウロ州》イタクァケセトゥーバで銃工場=謎の企業内から見つかる2019年12月21日 《サンパウロ州》イタクァケセトゥーバで銃工場=謎の企業内から見つかる  19日、サンパウロ州イタクァケセトゥーバで、マシンガンと銃を不法製造していた工場が警察の摘発を受けた。20日付現地紙が報じている。  先週末、同市ジャルジン・アドリアナ区の住人が、4カ月前から操業している会社から、かなりうるさい音が聞こえてくるとの苦情を警察に提出した。 […]
  • サンパウロ市=ロジージオが休止に=来月の10日までの間2019年12月24日 サンパウロ市=ロジージオが休止に=来月の10日までの間  サンパウロ市における自動車の乗り入れ規制、ロジージオが23日から来月10日まで休止される。22日付現地紙が報じている。  ロジージオは自動車のナンバープレートの末尾番号によって、市中央部への乗り入れを制限するシステムで、クリスマスから年始にかけては、毎年、休止される。   […]
  • 《サッカー》東京五輪出場を目指すブラジルU23代表が発表=南米予選は年明けにコロンビア開催2019年12月17日 《サッカー》東京五輪出場を目指すブラジルU23代表が発表=南米予選は年明けにコロンビア開催  ブラジル・サッカー連盟は16日、来年1月に行われる、東京五輪出場チームを決めるための南米予選に出場する代表選手23人を発表した。  選出メンバーは以下の通り。<キーパー>クレイトン(アトレチコ・ミネイロ)、イヴァン(ポンテ・プレッタ)、フェリペ(グレミオ)、&l […]
  • 《ブラジル》高齢者が無料の長距離バスチケット求め徹夜=配布方法の改善求める声も2019年12月20日 《ブラジル》高齢者が無料の長距離バスチケット求め徹夜=配布方法の改善求める声も  ブラジルの高齢者法は、「60歳以上で収入が2最低賃金以下の人は、異なる市をつなぐ、または州をまたぐ長距離バス1台につき2人まで、無料で利用できる」と定めている。  その、1台につき2人までの枠に入るために、多くの高齢者がサンパウロ市北部のチエテ・バスターミナルで長時間列を作 […]