ホーム | ブラジル国内ニュース | サンパウロ市=パライゾポリスで追悼式=9人圧死の事故から1週間

サンパウロ市=パライゾポリスで追悼式=9人圧死の事故から1週間

 1日未明にサンパウロ市南部パライゾポリスでファンキのパーティ中に起きた若者9人の圧死事故から1週間経った7~8日、同地で追悼のミサとイベントが行われ、亡くなった若者たちを改めて弔った。8日付現地サイトが報じている。
 初七日のミサはサンジョゼ小教区の教会前で行われた。教会の外には祭壇が設けられ、何百人もの住民が白い服を着て参加。ミサでは平和を願う白い風船が放たれ、サンパウロ市議のエドゥアルド・スプリシー氏らも姿を見せた。
 警備を厳重にすべく、同地区の巡回にあたる軍警の数が増やされた。また、それらの影響でジョヴァンニ・グロンキ大通りで車が渋滞する状況も生まれた。警備には無人機も使われた。
 7日の午後10時30分から8日未明にかけては、同地のファンキ・パーティの中でも屈指の規模を誇る「DZ7」が予定通りに開催された。
 今回のパーティは亡くなった若者たちへの追悼の意も込めたものだったため、教会関係の人たちも多く参加した。イベントの途中では音響を一時的に切って、黙祷のときも持たれたが、人の入りは事故後の市民のショックを反映してか、2千人程度と少な目だった。
 会場内には、前面には「パライゾポリスは平和を求める」と書き、背中に天使を描いたTシャツを着た若者たちの姿や、「貧しい人たちへの偏見はやめよう」「この戦いが終わるまでに何人の命が犠牲にされればいいのか」など、事故の原因ともなった、逃走した犯罪者を追跡した軍警の捜査のずさんさを批判するグラフィッチなどが随所に見られた。
 パーティは翌朝の午前6時まで続いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で2020年6月26日 《サンパウロ州》学校の再開は9月8日から=最初は35%の授業参加で  新型コロナウイルスで休校になっていた学校再開をめぐり、サンパウロ州は9月8日から段階的に再開との計画を、24日に発表した。24日付伯字サイトなどが報じている。  サンパウロ州政府が発表したところによると、授業再開は9月8日から。その頃までには州内のどの地域も、外出規制緩和の […]
  • 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任2020年5月23日 《ブラジル》鳴り物入りで就任した文化局長が2カ月で退任  かつて「ブラジルの恋人」とも呼ばれた有名女優で、鳴り物入りで連邦政府文化特別局長に就任したレジーナ・ドゥアルテ氏が20日、就任3カ月にも満たないまま退任した。20日付現地サイトが報じている。  レジーナ氏の退任(一部メディアの報道では解任)に関して、ボウソナロ大統領は「本人 […]
  • 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し2020年6月19日 《サンパウロ》州立大学の後期の講義は全て遠隔=応用部門は来年に繰り越し  【既報関連】新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛令が出て以来、学校では通常の授業ができず、休暇の前倒しやオンライン授業で内容や履修時間数を補っている中、サンパウロ州立の大学3校は後期の講義はオンラインのみとする事を決めたと18日付現地紙が報じた。  この決断は、サンパウロ […]
  • 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に2020年5月8日 《サンパウロ市》住民に新型コロナ免疫検査=無作為抽出、感染実態把握に  【既報関連】サンパウロ総合大学(USP)医学部がサンパウロ市内6地区の住民ボランティアに行っている、新型コロナウイルスの免疫検査が8日に終了すると7日付現地紙サイトが報じた。  この検査はサンパウロ市内のコロナ感染の実態を探るためのもので、4月17日現在で住民10万人あたり […]
  • サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」2020年5月14日 サンパウロ市長「現状続くなら、都市封鎖は不可避」  【既報関連】11日からサンパウロ市で始まった、ナンバープレートの末尾番号による乗り入れ規制(ロディージオ)が期待していたほどの効果を挙げていないと13日付現地紙、サイトが報じた。  11日から始まったロディージオでは、ナンバープレートの末尾番号が奇数なら奇数の日、偶数なら偶 […]