ホーム | 日系社会ニュース | パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」

パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」

2019年に開催されたロンドリーナ文化体育協会の新年拝賀式(参考写真)

2019年に開催されたロンドリーナ文化体育協会の新年拝賀式(参考写真)

 「コロナに対する怖さは、戦時中の日本での生活に比べたら平気です。いつ爆弾が降るかわからないあの恐怖は、言葉で表せません。それでも、この自粛生活はストレスが溜まりますね」―大戦中を熊本県で過ごした帰伯二世、パラナ州ロンドリーナ市在住の汎熊本県人会元会長中川芳則さん(92)は、そう電話口で語った。外出自粛措置から早2カ月――。自粛生活の過ごし方、心がけについて、今回はパラナ州ロンドリーナ市在住者に電話取材をしてみた。

 サンパウロ同様に外出自粛を余儀なくされており、中川さんは自宅での体操や、知人との電話を通してストレスを発散しているという。
 「どうしても身体がなまるので、自宅で体操をしています。姉妹や県人会のメンバーから電話がかかって来るので、そこでお互いの近況を確認し、慰め合って昔話をします。こんな状況下ですが、誰かと話すだけでもかなりストレスが和らぎます。この生活を支えるため、買い出しなどをしてくれる息子とその嫁にも感謝しています」と語った。
 ロンドリーナ文化体育協会(ACEL)名誉評議員議長の平間靖旺さん(やすお)(83、宮城県)にも尋ねると、今回の外出自粛期間を「普段できなかったことを実行する機会」として利用しているという。

ACELパークゴルフ愛好会の様子(参考写真)

ACELパークゴルフ愛好会の様子(参考写真)


 「引退生活が長いので、自粛によるストレスはあまりありません。ですが、新型コロナの影響で毎月恒例のACEL高齢者の集いが3月からできないことが本当に残念です。今はこの期間を利用して、家の細かな物を整理整頓するのにもってこいだと考えています。もちろん、健康維持の為には運動は欠かせませんね」と語る。
 平間さんは現在奥さんと愛犬と住んでおり、物の整理の他に、毎日屋内で朝夕30分ずつ体操、運動器具を使ったウォーキングやサイクリング、ゴルフの素振り、マッサージを行っている。
 運動後のマッサージの重要性も語る。「筋肉が弱ると腰痛や膝痛の原因になるので、運動後のマッサージは欠かせません。体操とマッサージは家内と一緒に行っています」と語った。
 一方、平間さんのゴルフ仲間の千葉康夫さん(74、東京都)は、普段使用しているジムや散歩コースが使用できなくなった。「日頃なら、アパート併設のジムが使用できるのですが、このコロナの影響で使用が禁止になりました。また、毎朝のウォーキングコースの湖もコロナにより利用禁止になりました。今では家で体操や軽い運動をしています」。
 千葉さんは現在奥さんと自粛生活を行っている。娘夫婦と孫は千葉さん宅から100メートル程の距離に住むが、直接顔を合わせずに連絡をとるように工夫している。
 「日本の級友や娘夫婦と電話やWhatsAppで近況を報告し合って日々過ごしています。家内とはトランプゲーム(PODEなど)をして時間を潰していますね。ブラジルのテレビはネガティブなニュースが多いので、NHKをみて気晴らししています。このコロナが去ってまた夫婦や仲間と共にパークゴルフができることを待ち望んでいます」と語った。


大耳小耳 関連コラム

 ロンドリーナ文化体育協会(ACEL)の高齢者の集いは、毎月第3水曜日に開催され、高齢日系人の憩いの場となっている。参加者は毎回80~100人程になるか。コロナの影響で自粛中の現在、心待ちにしている人も多いので、この災禍が通り過ぎた後の会は、多いに盛り上がりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月27日 東西南北  サンパウロ市で3月1日からの予定となっていた、80~84歳を対象としたコロナワクチンの接種が2月27日から行われることになった。ただし、接種を早めて行うのはパカエンブー・スタジアムをはじめとする、市内5カ所に設けられたドライブスルー接種会場のみで、ほかの保健機関では3月1日か […]
  • 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で2021年2月26日 《サンパウロ市》60歳以上への接種を認可=残ったワクチン廃棄回避策で  保健所(UBS)でのコロナワクチン接種時に容器に残ったワクチンの廃棄を防ぐため、サンパウロ市保健局が60歳以上と医療従事者で事前登録した人への前倒し接種を行う事を認めたところ、好評で長蛇の列ができていると23、25日付現地紙、サイトなどが報じた。  保健局の決定は、優先グル […]
  • 東西南北2021年2月26日 東西南北  2019年に世界ナンバーワン・ゴールキーパーに選ばれた、ブラジル代表レギュラー、アリソン(28、リバプール)と、フルミネンセの正キーパーのムリエル(34)の父親のジョゼ・アゴスチーニョ・ベッケルさん(57)が24日、リオ・グランデ・ド・スル州ラヴラス・ド・スルで溺死した。ベッ […]
  • 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール2021年2月26日 静岡文化芸術大学=オンラインで青少年派遣事業=浜松からサンパウロにプレゼン=市の魅力を存分にアピール  「発表を終えた時のParabéns!の文字は忘れられません」――静岡文化芸術大学(静岡県浜松所在)の2年生でポルトガル語を学ぶ山下夏実さんは、浜松から聖市のジャパン・ハウスに向けてオンライン発表を行った達成感を、そう綴った。2月22日に日本外務省、静岡県庁、ブラジル静 […]