ホーム | 日系社会ニュース | パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」

パラナ州ロンドリーナ市編=自粛生活の心がけを聞く「コロナより空襲の方が怖かった」

2019年に開催されたロンドリーナ文化体育協会の新年拝賀式(参考写真)

2019年に開催されたロンドリーナ文化体育協会の新年拝賀式(参考写真)

 「コロナに対する怖さは、戦時中の日本での生活に比べたら平気です。いつ爆弾が降るかわからないあの恐怖は、言葉で表せません。それでも、この自粛生活はストレスが溜まりますね」―大戦中を熊本県で過ごした帰伯二世、パラナ州ロンドリーナ市在住の汎熊本県人会元会長中川芳則さん(92)は、そう電話口で語った。外出自粛措置から早2カ月――。自粛生活の過ごし方、心がけについて、今回はパラナ州ロンドリーナ市在住者に電話取材をしてみた。

 サンパウロ同様に外出自粛を余儀なくされており、中川さんは自宅での体操や、知人との電話を通してストレスを発散しているという。
 「どうしても身体がなまるので、自宅で体操をしています。姉妹や県人会のメンバーから電話がかかって来るので、そこでお互いの近況を確認し、慰め合って昔話をします。こんな状況下ですが、誰かと話すだけでもかなりストレスが和らぎます。この生活を支えるため、買い出しなどをしてくれる息子とその嫁にも感謝しています」と語った。
 ロンドリーナ文化体育協会(ACEL)名誉評議員議長の平間靖旺さん(やすお)(83、宮城県)にも尋ねると、今回の外出自粛期間を「普段できなかったことを実行する機会」として利用しているという。

ACELパークゴルフ愛好会の様子(参考写真)

ACELパークゴルフ愛好会の様子(参考写真)


 「引退生活が長いので、自粛によるストレスはあまりありません。ですが、新型コロナの影響で毎月恒例のACEL高齢者の集いが3月からできないことが本当に残念です。今はこの期間を利用して、家の細かな物を整理整頓するのにもってこいだと考えています。もちろん、健康維持の為には運動は欠かせませんね」と語る。
 平間さんは現在奥さんと愛犬と住んでおり、物の整理の他に、毎日屋内で朝夕30分ずつ体操、運動器具を使ったウォーキングやサイクリング、ゴルフの素振り、マッサージを行っている。
 運動後のマッサージの重要性も語る。「筋肉が弱ると腰痛や膝痛の原因になるので、運動後のマッサージは欠かせません。体操とマッサージは家内と一緒に行っています」と語った。
 一方、平間さんのゴルフ仲間の千葉康夫さん(74、東京都)は、普段使用しているジムや散歩コースが使用できなくなった。「日頃なら、アパート併設のジムが使用できるのですが、このコロナの影響で使用が禁止になりました。また、毎朝のウォーキングコースの湖もコロナにより利用禁止になりました。今では家で体操や軽い運動をしています」。
 千葉さんは現在奥さんと自粛生活を行っている。娘夫婦と孫は千葉さん宅から100メートル程の距離に住むが、直接顔を合わせずに連絡をとるように工夫している。
 「日本の級友や娘夫婦と電話やWhatsAppで近況を報告し合って日々過ごしています。家内とはトランプゲーム(PODEなど)をして時間を潰していますね。ブラジルのテレビはネガティブなニュースが多いので、NHKをみて気晴らししています。このコロナが去ってまた夫婦や仲間と共にパークゴルフができることを待ち望んでいます」と語った。


大耳小耳 関連コラム

 ロンドリーナ文化体育協会(ACEL)の高齢者の集いは、毎月第3水曜日に開催され、高齢日系人の憩いの場となっている。参加者は毎回80~100人程になるか。コロナの影響で自粛中の現在、心待ちにしている人も多いので、この災禍が通り過ぎた後の会は、多いに盛り上がりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 笹井宏次朗さんが死去2020年4月14日 ■訃報■元サンパウロ新聞デスク 笹井宏次朗さんが死去  サンパウロ新聞元編集次長(デスク)で、ジャーナリストの笹井宏次朗(ささい・こうじろう)さんが9日午後6時ごろ、胃ガン手術後の出血多量により、入院先のサンパウロ市内病院で亡くなった。享年67。東京都出身。  笹井さんは1980年に渡伯。同年から2002年6月までサンパ […]
  • コロナ感染=ついに東洋街でも犠牲者=食材店「東亜」店主が死亡2020年4月8日 コロナ感染=ついに東洋街でも犠牲者=食材店「東亜」店主が死亡  サンパウロ市役所関係者によれば、リベルダーデ日本広場にある台湾系の食材店「東亜食品公司」の店主が、コロナウイスル感染症の悪化により、4日(土)に亡くなった。  フランスから帰国した店主の従兄弟が感染者だったらしく、2週間の検疫期間を置かずに、彼の歓迎会を店主のシャッ […]
  • 《ブラジル》売れ残りの食べ物の寄付認める=貧困者やホームレス援助の意味で2020年6月26日 《ブラジル》売れ残りの食べ物の寄付認める=貧困者やホームレス援助の意味で  ボウソナロ大統領が24日未明、バールやレストランなどが客に供するために用意したが、売れ残った食べ物を寄付するというプロジェクトを承認し、同日付連邦官報に掲載した。  寄付の対象となる食べ物は、賞味期限内でまだ傷んでいない事、包装などの衛生基準を満たしている事などが条 […]
  • ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に2020年7月7日 ウイルス消毒の噴霧器寄付=JACTOが日系6団体に  農業機製造会社JACTO社(本社=サンパウロ州ポンペイア市)は5月、ブラジル日本文化福祉協会(文協)、憩の園、希望の家、こどものその、サンタクルス病院、日伯援護協会の日系6団体に噴霧器を寄付した。  寄付された噴霧器の本来の使用方法は、農場などの害虫駆除で使用される […]
  • 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」2020年7月1日 足立援協事務局長が4月退職=8年間日本と援協つなぐ=「日系社会に心から感謝」  「コロナ禍により3月中旬から自宅待機の指示が出て、そのまま4月に定年退職という運びになり、ご挨拶が遅れてしまい申し訳ございません。在職中にお世話になった日系社会各種団体や個人の皆様にこの場を借りて心から御礼と感謝を申し上げたいと思います」――サンパウロ日伯援護協会の足 […]